株式会社PREVENT(PREVENT Inc.)

投稿者: | 2017-01-01

株式会社PREVENTが開発したモバイルアプリ「Mystar」(画像引用元 https://prevent.co.jp/mystar/)

「一病息災の健康支援モデルを社会に。」
誰もが何らかの病気になる可能性があり、完全に回避することは難しい。だったら、病気になったときにどうするか、どのように付き合っていくか、そのためにどう生活習慣を改善していくか。この課題にIT技術で解決を試みるのが、名古屋大学発ベンチャー企業、「株式会社PREVENT」である。病気を持つ人の健康づくりを支援するのが、同社の掲げるミッションだ。

目次

概要

prevent_logo

画像引用元 https://prevent.co.jp/

IT技術を利用して病気を持つ人の健康づくりを支える、名古屋大学発ベンチャー。大学と共同開発した独自のアルゴリズムを用いた医療データ解析から、抽出された高リスク者への重症化予防事業と保険者事業のトータルソリューションを提供する。医療従事者の専門知識を活用した生活習慣改善のためのモバイルアプリケーション「Mystar」を開発、一人一人に合った生活習慣改善案を提案することが可能となっている。同アプリケーションはIBM BlueHub Open Innovation for Healthcare 2016で最優秀賞を受賞。

事業内容

保険者支援事業

iprevent_model

画像引用元 https://prevent.co.jp/service/

  • 「データ解析委託事業」:独自の医療費、疾病発症予測モデルによる解析を行い、実効性のある保険事業を提案する。
  • 「リスク層別化」:解析データから、ユーザーを健康層、低リスク層、中リスク層、高リスク層に分ける。
  • 「iPrevent」:生活習慣病保有者を対象にインターネットを介してWeb上で個別の生活習慣改善支援を実施する。
  • 「健康メール便」:健診結果やアンケートにより、個人個人に合わせた健康情報を配信する。

「iPrevent」により生活習慣を「見える化」することで、ユーザーにとって改善すべき生活習慣のポイントが分かりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞の既往者から実際に好評を得ている。

生活習慣病既往者向け健康づくり支援アプリ「Mystar」

prevent_mystar_model

画像引用元 https://prevent.co.jp/mystar/

医療従事者の専門知識を活かした生活習慣改善モバイルアプリ。チャットUIとの対話やウェアラブル機器と同期されたライフログからの健康チェック機能、生活習慣改善のための通知機能などを兼ね備えている。生活習慣の達成度を運動、食事、睡眠の3つの面から数値化し、問題点を抽出することが可能。その評価に基づき、個人に最適かつ効果的な生活習慣改善方策を提案することが出来る。

沿革

prevent_president

株式会社PREVENT代表の萩原氏 (画像引用元 https://prevent.co.jp/20170202/)

会社概要

社名:株式会社PREVENT(PREVENT Inc.)

代表取締役: 萩原 悠太

取締役: 山田 純生 名古屋大学大学院医学系研究科(保健学)教授

設立: 2016年7月15日

事業内容:医療データ解析、生活習慣病の重症化予防支援事業、等

公式HP: 株式会社PREVENT(PREVENT Inc.)

本社所在地:名古屋市千種区仲田2丁目15番12号ワークビル6F

参考文献