2018年度も名古屋大学が『Tongaliビジネスプランコンテスト』を開催ー4月23日より応募受付開始

投稿者: | 2018-04-15

「Tongaliプロジェクト」公式HP スクリーンショット

学生ベンチャーの創出と起業家育成を目的とする、名古屋大学の「Tongaliプロジェクト」。その「Tongaliプロジェクト」主催の『Tongaliビジネスプランコンテスト』が5月26日(土)に開催されます。

過去受賞者の目覚ましい活躍

Tongaliプロジェクトとは、研究シーズ(アイデアの創発)から起業までを支援する、名古屋大学の起業家育成プロジェクト。Tongaliビジネスプランコンテストに採択されたビジネスプランは、1年を目処に、メンターによるメンタリング・ビジネスプランのブラッシュアップを受け、確度の高いビジネスプランに仕上げていきます。

2017年のコンテストでTongali賞を受賞した株式会社キスモは、2018年3月「名古屋大学発ベンチャー」に認定。東海地区内の学生ベンチャーでは初めて、日本政策金融公庫より資本性ローンが適用されました。その他の受賞者も、同コンテストを経て、さらなる活躍を遂げています。

2017年受賞者チームとビジネスプランはこちら

優秀チームには奨励金やビジネスチャンスも

Tongaliビジネスプランコンテストでは、優秀プロジェクトには ワーキングスペース「SPACES JPタワー名古屋」を1年間使用する権利、South by Southwest (SXSW※) Conference & Festivals in TEXAS でのピッチ・出展挑戦権(予定)のほか、活動支援金が提供されます。

※SXSW…アメリカ合衆国テキサス州オースティンで毎年3月に開催される、音楽祭・映画祭・インタラティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模イベント。

また、9ヶ月後には、出資およびアクセラレートプログラムなどのオファー獲得を目的として、VCやCVCを招いたDemoDayを開催を予定しています。応募資格は、東海地区(愛知県・岐阜県・三重県)および大阪大学(EDGE-NEXT協力機関)のすべての学部生・大学院生・ポストドクターを代表者とした、チームまたは個人。今まで温めて来たビジネスプランがこのコンテストで形になり、大きなバックアップが受けられるチャンスです。何かアイディアをお持ちの方は、ぜひ応募してみてください。

イベント詳細

開催日時:5月26日(土)13:00~18:00(予定)
応募期間:2018年4月23日(月)~27日(金)17:00まで
会場:中京テレビ1FプラザC(愛知県名古屋市)

ビジネスプランコンテストの詳細はこちらから

カテゴリー: イベント タグ: , ,

Shiho Ozawa について

1987年生まれ、愛知県出身。フリーランスのライターとして主にWEBサイトで観光・グルメ、インタビュー記事を執筆。新卒で病院のリハビリ職として5年間勤務。趣味ではじめたブログがきっかけで、フリーのライターに転職。愛知県を拠点に、国内の田舎を旅しながら記事を書いている。