「リチウムイオン電池が拓く未来社会」名城大学大学院理工学研究科 教授 吉野 彰 氏が登壇

投稿者: | 2020-08-21
Pocket


2020年9月2日(水)に、「フューチャーコンパス」および「アカデミックナイト」の合同企画として、2019年にノーベル化学賞を受賞された名城大学吉野教授の特別講演会がナゴヤイノベーターズガレージにて開催されます。

講演:リチウムイオン電池が拓く未来社会
講師:名城大学大学院理工学研究科 教授 吉野 彰 氏
主催:一般社団法人 中部圏イノベーション推進機構

詳細

※現在、オンライン参加の申し込みのみ受け付けております。

日時:2020年9月2日(水)18:00 ~ 19:30
会場:会場:ナゴヤイノベーターズガレージ(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク4F)※駐車場はありません
定員:オンライン参加 500名
申込締切:2020年8月31日(月) 満席になり次第、締め切りとなります
参加方法:申し込みページからフォームに入力

講師紹介

吉野 彰 氏|名城大学大学院理工学研究科 教授、旭化成名誉フェロー
1972年、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、修了後は旭化成株式会社(旧旭化成工業株式会社)に入社。入社当時から電池の開発に携わる。2005年、大阪大学大学院工学研究科博士(工学)取得。2019年にリチウムイオン電池開発の功績が認められ、ノーベル化学賞を受賞する。