名古屋近辺でAR / VR事業を行う企業4社

Pocket

日本人の5人に1人は体験しているというVR(Virtual Reality:仮想現実)技術。ゲーム業界におけるリサーチ事業を手がけるアメリカの調査会社SuperDataの成長予測によると、2022年にはVR/AR/MR市場が442%拡大(2018年比)し、約3.7兆円規模に達するとのことです。

今後もますます注目が集まるVR・AR(Augmented Reality:拡張現実)技術は、ゲームに関わらず企業のプロモーションやキャンペーンとも親和性が高く、導入事例が豊富です。今回は、VR/AR技術を軸に事業を展開する名古屋近辺の企業をご紹介します。

キュレーション担当:野村

株式会社シネマレイ(名古屋市中区)

画像:シネマレイ公式HPのスクリーンショットより引用

シネマレイは、2006年設立されたITサービス企業です。VR・AR・MRの分野では、シミュレーターアプリや、住宅メーカーや展示イベント向けのバーチャル体験システム、小学生の社会科学習となるARプログラム及びCGアニメーションの作成などを手掛けています。

関連リンク

株式会社ジャミン(名古屋市中区)

画像:ジャミン公式HPのスクリーンショットより引用

ジャミンは、VR/ARアプリやデジタルコンテンツの開発を行なっています。ものづくりの現場での事故・災害を疑似体験するVRコンテンツや、愛知県の地元漁師と漁を擬似体験できるVR動画コンテンツを作るなど、企業のもつ課題解決に貢献するツールを生み出しています。

関連リンク

株式会社デジタルレイ(名古屋市中区)

画像:デジタルレイ公式HPのスクリーンショットより引用

デジタルレイのVRの事業では、ヘッドマウントディスプレイ対応のシステムを開発しています。観光協会向けのVRパノラマコンテンツやイベント・展示向けの映像主体のVRコンテンツにも対応しています。また、MR領域では、MicrosoftのヘッドマウントPCである「HoloLens(ホロレンズ)」向けのコンテンツの開発にも乗り出しています。

関連リンク

株式会社プロデュースラボ(名古屋市西区)

画像:ARラボHPのスクリーンショットより引用

プロデュースラボのサービス「ARラボ」では、簡単にARの登録・編集ができ、作りたいときにすぐに作ることができるAR作成サービスを提供しています。定額・一定の容量内でARコンテンツを作ることができます。こちらのサービスはBtoBでも、BtoCでも多用なシーンでの導入事例が豊富です。

関連リンク


株式会社スピード(名古屋市中区)

画像:スピード公式HPのスクリーンショットより引用


スピードは、デジタルコンテンツ・ソフトウェア産業を推進するために、産学官連携の下で設立されたクリエイティブカンパニーです。3DCG、VFX、2Dなど幅広い技法を使い、エンターテインメントコンテンツを作り出しています。VR・AR分野では、自動車の安全機能訴求VRや、ARを用いた体験企画などをさまざまなコンテンツを手がけています。

関連リンク

【PR】東海エイチアール株式会社の新規事業開発実務サービス

東海地域で新規事業開発をご検討している企業担当者様へ。東海エイチアール株式会社の新規事業開発実務サービスなら、短期間で貴社内に開発チームを設立します。新規事業開発に強いジモトの若手人材が、貴社のプロジェクトに直接参画。地元大手 / 老舗企業様の社内ベンチャー立ち上げ・新商品開発の実務に強みを持っています。再現性の低い新規事業開発だからこそ、立ち上げパートは弊社にお任せください!