アジェンシアが高画質360度パノラマ画像の内装・外装表示プラットフォーム「AUCTION360Ⓡ」の提供を開始

投稿者: | 2019-07-08
Pocket

360°VR クラウドマルチプラットフォーム開発事業などを展開する株式会社アジェンシア(本社:名古屋市東区)は、2019年7月1日(月)、全国のオークション会場を対象とした高画質360度パノラマ画像の内装・外装表示プラットフォーム「AUCTION360Ⓡ」の提供を開始したことを発表しました。

これまでのオークションは購入希望者が出品された車の内装や外装を見ることに制限がありましたが、このプラットフォームを使用すると360度自由に閲覧、拡大確認が可能になります。これによって全国の中古車販売会社が実車両の確認を詳細に行えるようになり、 入札購入のリスク軽減や、 より多くのオークション会場で出品車両への入札が促されます。初期導入費用は完全無料で、出品車両台数枠に応じた定額課金になっており、導入の費用負担を軽減することによりさらなるオークション会場のサービス向上に役立ちます。

また、「AUCTION360Ⓡ」では車両1台分の撮影からコンテンツの生成にかかる時間は数分で完了し、容易にアップロードできます。撮影は通常「AUCTION360Ⓡ」アプリを使用して行われますが、市販の360度パノラマカメラで撮影した内装写真のデータ、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した外装の動画データも利用可能です。

高画質360度パノラマ画像の内装・外装表示プラットフォーム「AUCTION360Ⓡ」公式HPはこちら

https://www.auction360.jp/