フューチャーコンパス第10回講演会が10月3日に開催|ヤマハ発動機執行役員デザイン本部⾧ ⾧屋氏が登壇

投稿者: | 2019-09-09
Pocket

8月29日に実施された第9回講演会に続き、「中部圏イノベーション促進プログラム」の第10回講演会がナゴヤイノベーターズガレージにて開催されます。

講演:イノベーションを起こす『アート力』経営デザイン
講師:ヤマハ発動機株式会社執行役員デザイン本部⾧ ⾧屋 明浩 氏
主催: 一般社団法人中部圏イノベーション推進機構

内容(長屋氏より)

デザインの役割はもはやプロダクトのスタイリングにとどまらず、より広義に捉えられるようになってきています。ヤマハブランドそのものをデザインする、つまりヤマハモーターデザインは、製品デザインだけでなく、デザイン思考を実践し、デザインのやり方からデザインすることであらゆるアウトプットの質とブランド力向上に取り組んできました。

「ART for Human Possibilities」の長期ビジョンのもと、オートノマス(自律的)・ブランディングを提唱し進めている新しい開発プロセス、様々なデザイン活動や人づくりにおいて、デザイン本部、そしてイノベーションセンターが果たしている役割と成果をご紹介します。

イベント詳細

日時:2019年10月3日(木)2019年10月03日(木)15:30 ~ 17:00
会場:ナゴヤ イノベーターズ ガレージ(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク4F)※駐車場はありません
定員:120名
参加方法:申し込みページからフォームに入力

講師紹介

⾧屋 明浩 氏|ヤマハ発動機株式会社執行役員デザイン本部⾧
1960年名古屋市生まれ。83年愛知県立芸術大学卒業。同年トヨタ自動車入社。初代レクサスLS400やセルシオ、マークⅡなどのデザインを担当。2003年米国・バークレー大学でMBA取得。03年レクサスブランド企画室⾧に就任し、グローバルでレクサスブランドを牽引。10年トヨタデザイン部⾧に就任、全てのトヨタ車の製品デザイン開発を指揮。12年テクノアートリサーチ代表取締役。14年ヤマハ発動機デザイン本部⾧就任。15年より同社執行役員。