スマホアプリ開発のCollectがソーシャルネットワーク型のニュースアプリ「Collect」をリリース

投稿者: | 2018-11-16
Pocket

名古屋を拠点にスマートフォンアプリケーションCollectの開発・運営事業を展開する株式会社Collect(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:秦野 芳彰)が、ソーシャルネットワーク型のニュースアプリ「Collect」をリリースしたことを発表しました。

モバイル端末上でのニュースコンテンツ利用が主流の現代。ICT総研の「2018年 モバイルニュースアプリ市場動向調査」によると、ニュースアプリの利用者は2017年度末で4,683万人、2020年度末には5,630万人に達すると予測されています。

また、フォロワー1,000~10,000人程度ながら特定のコミュニティでSNS上で強力な発信力を発揮するマイクロインフルエンサーが台頭しつつある中で、「自分が注目している人が良いと思っているニュースコンテンツ」にも価値が高まっています。

分散する情報を1つのタイムラインで

Collectの仕組みはとてもシンプル。SNS上でフォローしたユーザーがポストしたニュース記事やコンテンツを、まとめてタイムラインに表示できるiOSアプリです。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」のような、ニュースへの意見やコメントを通じたユーザー間のネットワーキング機能も搭載されています。

ユーザーが求めるコンテンツを効率的に収集できる同アプリ。シンプルな機能ながら、アプリ利用者のニーズを満たすサービスとして注目が集まります。

アプリダウンロードはこちらから

カテゴリー: ニュース タグ: , ,

Masaki Wakameda について

1994年生まれ、栃木県出身。名古屋・タイ・東京のベンチャー3社を経て2015年4月にフリーランス(ライター&編集者)へ。名古屋のスタートアップの情報格差を解消すべく、5月よりNagoya Startup Newsを配信開始。8月に名古屋スタートアップ株式会社を設立し、国内外の複数のWebメディアを運営しています。Twitter: @wakamesun2