フューチャーコンパス第20回講演会が11月24日に開催|法政大学大学院教授 米倉誠一郎 氏が登壇

投稿者: | 2020-10-22
Pocket


2020年11月24日(火)に、フューチャーコンパス第20回講演会がナゴヤイノベーターズガレージにて開催されます。

講演:デジタルとソーシャルで行こう
講師:法政大学大学院教授・一橋大学イノベーション研究センター名誉教授、一般社団法人Creative Response-Social Innovation School学長 米倉誠一郎 氏
主催:一般社団法人中部圏イノベーション推進機構

内容(米倉氏より)

日本は残念ながら低生産性・低賃金国家になってしまいました。デジタルと人に投資をしていない現実があるからです。一方、世界を覆い尽くす大衆迎合の波は僕たちが信じてきたもの、すなわち自由と民主主義、イノベーションに基づいた市場経済、メリトクラシー、広域自由貿易圏などを深く傷つけています。さあ、どうするか?だから楽観主義に則って「デジタルとソーシャル」で行きたいのです。

イベント詳細

※感染症拡大の状況により講師が会場に来られない可能性もございますので、ご了承ください。

日時:2020年11月24日(火)18:30 ~ 20:00
会場:ナゴヤイノベーターズガレージ(名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク4F)※駐車場はありません。
定員:オンライン参加95名、会場参加30名
申込締切:2020年11月22日(日)満席になり次第、締め切りとなります。
参加方法:申し込みページからフォームに入力。
オンライン参加申込者にのみ、ZOOMウェビナー参加URLをご連絡いたします。
※参加URLは11/24 (火)までにメール送信いたします。
※お手数ですが、お申し込みは1名様ずつのご登録をお願いいたします。

講師紹介

米倉誠一郎 氏|法政大学大学院教授・一橋大学イノベーション研究センター名誉教授、一般社団法人Creative Response-Social Innovation School学長

一橋大学社会学部(1977)・経済学部卒(1979)、同大大学院社会学修士(1981)、ハーバード大学博士(PhD、1990)。専攻は、イノベーションを中心とした企業の戦略や組織の歴史的研究。近年は、BOPとソーシャル・ビジネスや社会企業家の役割にも高い関心を払い、2020年1月にソーシャル・イノベーションと SDGsに特化した社会人学校を立ち上げている。