環境に優しい未来へ:ヨコオとパートナー企業が提供する燃料電池カーシェアリング

投稿者: | 2024-01-19

プレリリースより引用


株式会社ヨコオ(本社:東京都千代田区、社長:徳間 孝之)は、有限会社位田モータース(本社:愛知県名古屋市、社長:位田 幸司)、PDC Machines合同会社(本社:京都府京都市、代表:増田 貴幸)、Zenmov株式会社(本社:東京都目黒区、社長:田中 清生)と共同で、燃料電池自動車(FCV)を使用した新しいカーシェアリングサービス「グリーンモビリティ カーシェアリング」の提供を開始します。サービスは、1月16日よりスマートフォンアプリを通じて予約受付を開始し、1月25日から名古屋城グリーン水素ステーションで利用開始予定です。
続きを読む

manabyが切り開く、愛知県初の就労移行支援:岡崎事業所2024年4月開設

投稿者: | 2024-01-18

プレリリースより引用


愛知県で初めてとなる就労移行支援事業所「manaby岡崎事業所」が、株式会社manaby(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:岡﨑衛)によって2024年4月に開設されます。この新事業所は、障害を持つ方々が自分らしく働けるよう支援するための施設で、ITスキルの習得を中心にした就労支援を提供する予定です。
続きを読む

「デジタル交通の新時代」奈良県で埼玉工業大学主導の先進実証実験

投稿者: | 2024-01-18

プレリリースより引用


埼玉工業大学を含む複数の企業や団体が、自動運転を含む新たな公共交通の利用促進策を実現するための実証実験に参加することが発表されました。この実験は、奈良県高市郡明日香村および生駒郡三郷町で行われ、次世代のデジタル技術を活用した交通サービス(以下「デジタル交通サービス」)の導入を目的としています。令和5年度からの実施が予定されており、地域交通の発展に貢献することが期待されています。
続きを読む

企業の健康管理を変革:「ワンコイン保健室」で手軽に産業保健サービス

投稿者: | 2024-01-16

プレリリースより引用


2024年1月15日、「みんなの健康管理室」(所在地:愛知県名古屋市、代表/産業保健師:木村 由香)は、新しい産業保健サービス「ワンコイン保健室」の提供を開始しました。このサービスは、産業保健師によるオンライン相談を主軸とし、従業員一人あたりの健康管理をわずか500円で実現します。メンタルヘルスへの関心の高まりと健康経営の重要性が背景にあり、特に中小規模の事業場を対象にしています。
続きを読む

住宅業界に革新を!サイエンスホームがKengakuCloudを導入し、新たなステップへ

投稿者: | 2024-01-16

プレリリースより引用


株式会社ビズ・クリエイション(本社:岡⼭県岡⼭市、代表取締役:初⾕昌彦)は、住宅業界専用のクラウド予約受付・管理システム「KengakuCloud(ケンガククラウド)」を全国113店舗を展開する株式会社サイエンスホーム(本社:静岡県浜松市、代表取締役:大石晃弘)に導入し、本格運用を開始しました。このシステムは、予約に関わる業務時間の削減や集客力向上などの効果を発揮することが期待されています。
続きを読む

革新への一歩:グランドグリーンが豊橋で新研究農場を開設

投稿者: | 2024-01-15

プレリリースより引用


愛知県名古屋市に本社を置く名古屋大学発のベンチャー企業、グランドグリーン株式会社(本社:名古屋市千種区、代表取締役:丹羽優喜)は、機能性野菜の開発を加速するため、愛知県豊橋市に「豊橋第2研究農場」を開設したことを発表しました。この新たな研究拠点は、地域との連携を深め、多様な野菜の研究開発に取り組むことを目的としています。
続きを読む

愛知・豊橋市発、ワイヤレス給電の未来へ!世界初の実証実験スタート

投稿者: | 2024-01-15

プレリリースより引用


2024年1月13日、愛知県豊橋市で、豊橋技術科学大学発のベンチャー企業、株式会社パワーウェーブが開発した「電界結合式」ワイヤレス給電システムを用いた電動キックボードの公道での実証実験がスタートしました。この実験は、世界で初めて実運用される試みとして注目されています。
続きを読む

コーヒー豆の搾りかすで育つ牛肉:リゾートトラストの実証試験開始

投稿者: | 2023-12-19

「リゾートトラスト株式会社」公式サイトのスクリーンショットから引用


リゾートトラスト株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:伏見有貴)が、コーヒー豆の搾りかすを活用した革新的な食品リサイクルループの構築に向けた実証試験を開始しました。ホテルで使用後のコーヒー豆の搾りかすをリサイクルし、それを飼料として食用牛に与え、育てた牛肉をレストランで提供するこのプロジェクトは、食品廃棄物の削減とCO2排出の低減を目指しています。
続きを読む

自動運転バス、つくば市での走行実証が始動:筑波大学での先進的取り組み

投稿者: | 2023-12-18

プレリリースより引用


2023年10月11日、茨城県つくば市、国立大学法人筑波大学(所在地:茨城県つくば市、学長:永田 恭介、以下 筑波大学)、関東鉄道株式会社(本社:茨城県土浦市、代表取締役社長:松上 英一郎)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:髙橋 誠)の4者は、国土交通省の公募による「地域公共交通確保維持改善事業費補助金(自動運転実証調査事業)(注)」に採択されました。これを受け、2024年1月9日から1月30日の間、筑波大学で自動運転バスの走行実証が行われる予定です。この取り組みは、つくば市の公共交通の課題解決と持続的成長を目指し、2025年度のレベル4自動運転バスの実現に貢献するものです。
続きを読む

シェアリングエコノミーによってモビリティ×シェアの未来はどう変わる?「SHARE WEEK 2023」イベントレポート

投稿者: | 2023-12-12


2023年11月10日〜11月17日、一般社団法人シェアリングエコノミー協会(以下、シェアリングエコノミー協会)の主催により日本最大シェアリングエコノミーの祭典「SHARE WEEK 2023」が開催されました。昨年から更にパワーアップした同イベントでは、シェアについて日本各地のアイデアやイノベーションを体感し、新たな行動やプロジェクトを生み出すことを目的とし、1週間をかけて開催されました。

続きを読む