名古屋大学発の革新的材料ベンチャーU-MAPが約3億円の資金調達を実施

投稿者: | 2020-06-19
Pocket

繊維状窒化アルミニウム単結晶(以下、Thermalnite)を用いた高機能・熱伝導材料の研究・開発を行う名古屋大学発ベンチャーの株式会社U-MAP(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長兼CEO:西谷 健治)は、約3億円の資金調達を実施しました。

■出資者一覧

・リアルテックファンド
・京都大学イノベーションキャピタル
・OKBキャピタル
・新生銀行
・東海東京インベストメント

世界の熱問題を解決する、革新的新素材”Thermalnite”

U-MAPは、名古屋大学の宇治原徹教授が開発した新素材「Thermalnite」の高効率大量合成手法をもとに設立されたベンチャー企業。世界で唯一、Thermalniteの高品質かつ大量合成技術を有しています。

機器のパフォーマンスや寿命の低下を招く“発熱”。身近なところではスマートフォンやPCが発熱するように、EV、5G、データセンタなどの産業機器においても発熱が深刻な問題となっています。これらの電子機器のパフォーマンスや機器寿命の低下を招く熱問題を解決するため、U-MAPは放熱性能を向上させた機器部材の実現を目指しています。

窒化アルミニウムは電気絶縁性のセラミックスでありながら、熱伝導度が金属アルミニウムに匹敵する値を持つ材料です。セラッミクス材料として、放熱特性・耐久性に優れており、セラミックスや樹脂、ゴム、接着剤、オイルへ充てんすると、低充てん率で高い放熱特性を有する絶縁性の高機能複合材料を作れます。これにより、電子機械の熱経路を自在に制御できるようになり、冷却機構の排除による省エネ化および小型化が期待されます。

今回の調達により、名古屋大学発のベンチャーとして中部から世界に羽ばたけるよう投資家も含め強力な布陣になりつつあります。また今回のラウンドで出資者の方々からお預かりした資金をもとに、Thermalniteの量産化を見据えたパイロット設備の設計、ハンドリング、徹底した品質保証体制の確立、そして、セラミックス複合材料、樹脂複合材料の展開を加速させる研究開発(製造条件の最適化、構造制御等)、アライアンスの構築を目指します。

株式会社U-MAPについて

会社名:株式会社U-MAP
代表取締役社長:西谷 健治
資本金:1億7122万円
設立:2016年12月12日
本社所在地:愛知県名古屋市千種区不老町 名古屋大学工学部5号館615
サイトURL:http://www.umap-corp.com/
お問い合わせ:http://www.umap-corp.com/contact/