Acompanyと三谷産業が秘密計算を用いた統合分析の実証実験を実施

投稿者: | 2021-04-27
Pocket

三谷産業株式会社(本社:石川県金沢市、以下、三谷産業)と株式会社Acompany(本社:愛知県名古屋市、以下、Acompany)が、「複数組織が保有するデータを用いたプライバシー保護統合分析」に関する実証実験を行いました。本実証実験により、Acompanyの開発する秘密計算ソフトウェア「QuickMPC」がプライバシー保護に有益であるとともに、実用レベルの計算精度を持つことが明らかになりました。

秘密計算とは?

画像:プレスリリースより引用

従来の計算方法では、通常時にデータを暗号化していても、データの利活用時には暗号を解除した状態で計算する必要があり、セキュリティリスクやユーザのプライバシーの保護の課題がありました。しかし、秘密計算技術を使えば、データを暗号化したままの状態で計算でき、セキュリティ水準を飛躍的に高めることが可能になります。つまり、ユーザのプライバシーを含む、位置情報や顧客情報、医療情報などを秘匿化したデータ分析に繋げることが可能になります。

今回の実証実験の概要と結果

画像:プレスリリースより引用

本実証実験は、三谷産業の保有するデータセンターのサーバーとAcompanyの開発する秘密計算ソフトウェア「QuickMPC」を使用し、特にプライバシー性が高く、活用に課題がある医療データを対象に統合分析を実施しました。実際のビジネスケースへの適用可能性を検証することが目的です。実証実験の結果、プライバシー保護したまま統合分析できることが確認されました。また、対照実験として行った通常の生データに対する分析と遜色の無い分析精度が確認できたことで、実際のビジネスケースに適用することが期待できます。三谷産業とAcompanyは、安心・安全なデータ流通社会の実現に貢献することを目指し、引き続き実ビジネスへの秘密計算の適用に向けた活動を進めるとのことです。