未来を担うAIイベント「人工知能学会全国大会」が5月末に名古屋で開催

投稿者: | 2017-04-23
Pocket

近年ますます注目されている人工知能(AI)。

我々の未来を明るいものにするかもしれない期待と、AIによって人間の職業が奪われてしまうのではないかという危惧。そんな様々な可能性を秘めたAIについて熱く議論する大会「人工知能学会全国大会」が今年、名古屋で開催されます。

この大会は人工知能学会が主催するもので、人工知能に関わる国内の研究者たちが最新技術や新たな研究成果・アイデアなどを発表する大会です。著名な講師を招いた招待講演から、大学生や若手研究者向けの学生企画など多彩なイベントを開催しています。

今大会の基礎講演・招待講演

基礎講演「インタラクティブな人工知能を目指して ― HAIとIIS ―」

  • 山田 誠二 氏(本学会会長、国立情報学研究所 教授、総合研究大学院大学 教授、東京工業大学 特定教授)

招待講演1「21世紀はどのような時代だろうか」

  • 中津 良平 氏(京都大学 特命教授、NTアソシエイツ 取締役)

招待講演2「機械学習 ― 技術&ビジネスのさらなる展開」

  • 岡野原 大輔 氏(株式会社Preferred Networks 取締役副社長)
  • 藤巻 遼平 氏(NEC データサイエンス研究所 主席研究員)

また、大会後には参加者が無料で参加できる交流会も開かれます。ひつまぶしや手羽先など名古屋グルメを楽しみながらAIについて語り合う場としてこちらも魅力的です。AIについて知りたい方、より理解を深めて意見交換したい方はこの機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

開催概要

日程:2017年5月23日(火)~ 5月26日(金)
(交流会は5月25日(木)18:30〜20:00)

時間:各日程のタイムテーブルはこちら

参加費:<会員>一般14,000円、学生7,000円 <非会員>一般26,000円、学生12,000円
(尚、5月24日(水)の一般公開企画は無料)

会場:ウインクあいち(愛知県産業労働センター)愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38(名古屋駅から徒歩約5分)

スポンサー企業募集中

未来を担うAI技術は企業にとっても重要な存在。毎年企業からの参加者・研究部門以外からの聴講のみを目的とした参加者も増えているそうで、現在スポンサーにはPanasonicや三菱電機、LINEなど多数大手企業が参加しています。産業界の関心を掴む講演・企画もあるので企業にとっても非常に有益なイベントとなりそうです。