アイサンテクノロジーが生活・観光混在エリアにおける自動運転の実証実験に参画

投稿者: | 2020-12-17
Pocket

画像:HPよりスクリーンショット

アイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市、以下 アイサンテクノロジー)は、NTTドコモが中核となって行う自動運転の実証実験に協力することを発表しました。本実証実験は、「生活・観光混在エリアにおけるMaaS」をテーマとし、名鉄西尾駅・西口ロータリーのタクシー乗り場から西尾市歴史公園駐車場までを自動運転タクシーで運行します。

本実証実験は実施主体である、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区)をはじめ、名古屋鉄道株式会社(本社:愛知県名古屋市)、名鉄東部交通株式会社(本社:愛知県豊田市)、株式会社メイテツコム(本社:愛知県名古屋市)、岡谷鋼機株式会社(本社:愛知県名古屋市)、損害保険ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区)、そして、株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市)と共同で参画します。

本実証実験で用いられる自動運転システムを導入したタクシー専用車両「JPN TAXI」には、アイサンテクノロジーが作成した「高精度3Dマップ」が使用されています。また、実証実験の実施はアイサンテクノロジーが行います。各社の役割分担は下記のとおりです。

(株)NTTドコモ 
事業統括、通信環境構築、コンテンツおよびサービスプラットフォームの提供

名古屋鉄道(株)  
交通事業者としての運行助言等

名鉄東部交通(株) 
自動運転タクシー型車両の運行支援

(株)メイテツコム 
顔認証システムの提供

アイサンテクノロジー(株)
自動運転実証実験の実施、高精度3Dマップの作成等

(株)ティアフォー
自動運転車両の提供、自動運転に係る技術提供

岡谷鋼機(株)
実証実験の支援

損害保険ジャパン(株)
リスクアセスメント(事故の予防)、走行中の安心見守り(事故の遠隔監視)、自動運転車両向け保険の提供

本実証実験は、自動運転の実用化に向け社会実装のあり方を技術面、運用面の両面から追求する実証実験であるとのことです。