18卒ビジネス職向けワークショップ「Ateam Work Business ver.」イベントレポート

投稿者: | 2017-01-25
Pocket

名古屋のITベンチャー企業であるエイチームが10月19日に開催した、ITビジネスの創り方を学ぶワークショップ「Ateam Work Business ver.」にNagoya Startup News編集部が参加してきました。今回の記事は、そのイベントレポートです。

「Ateam Work Business ver.」とは?


「Ateam Work Business ver.」とは、名古屋のIT業界を牽引しているエイチームで新規事業を作っている社員が、ヒットサービスの創り方を講義し、参加者が実践で体感することができる短期集中型ワークショップです。2018年度卒業予定のビジネス職志望の大学生を対象に、先日10月19日に開催されました。

このワークショップでは以下のようなスケジュールで進行されました。

16:00 会社説明 / ワークショップ説明
16:15 新規事業推進グループN氏による特別講義
16:30 ワークショップ①
17:00 インターン講義ダイジェスト
17:20 ワークショップ②
18:00 終了 / 休憩
18:15 発表
19:15 フィードバック、総評

会社紹介とワークショップ説明 by 人材開発グループT氏

エイチームの新卒採用を担当するT氏

まず、人材開発グループのT氏より今回のワークショップの流れとエイチームの簡単な企業紹介が行われます。今回のワークショップでは、「ITを利用した新卒採用領域におけるビジネスモデルを構築する」ことをテーマに短時間の中で事業内容を考えていきます。

新規事業の講義 by 新規事業推進グループN氏

新規事業推進グループのN氏

エイチーム入社前はベンチャーキャピタリストとしても活躍していた新規事業推進グループのN氏より、エイチーム式の新規事業の作り方の講義が行われます。エイチームでは入社1年目から積極的に新規事業の提案をすることができ、最年少の執行役員は28歳とのことです。

ワークショップ①

先ほどの講義でインプットしたことを、いよいよワークショップでアウトプットしていきます。その場で作られたチームでコミュニケーションを取りながら議論を進めていきます。

インターン講義ダイジェスト


今年の夏にエイチームで行われたサマーインターンのダイジェストを見ながら、再び新規事業を作る上で必要なポイントを学んでいきます。参加者の学生の皆さんも積極的にメモを取りながら講義を聞いていました。

ワークショップ②

インターン講義ダイジェストで学んだケーススタディーをもとに、事業発案を再開します。最初は遠慮がちだった学生たちも、ワークショップを進めていくうちに熱い議論が交わされるようになりました。

チームごとに発表、フィードバック・総評

ワークショップで考えたビジネスモデルを、チームごとに3分間ずつプレゼンしていきます。説明会の動画配信サービスやホテル・交通機関と組んだ就活サポートサービスなど、多様な事業案が生まれました。

このプレゼンに対し、実際にエイチームでヒットしたサービスを作り上げてきたプロのスタッフから、採用側や事業開発サイドの視点からフィードバックが返ってきます。参加者からもサービスに対する質問が飛び交いました。

編集部まとめ

フィードバックを受け、就活サービスを受ける側の視点からサービスを提供する側の視点に立つことの重要性を、参加者の学生の皆さんも感じていたようでした。

このような高いレベルのフィードバックを受けることができるのも、エイチームのワークショップの魅力です。エイチームでは、今後も続々と新卒向けのイベントを開催する予定なので、名古屋でIT企業・ベンチャー企業に興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

エイチーム採用情報サイトはこちらから