食× ビジネス・ テクノロジーで 「食の未来」を考える|フードテックイベントが11月10日(日)になごのキャンパスにて開催

投稿者: | 2019-10-31
Pocket

名古屋市が主催で行われるフードテックイベント『食× ビジネス・ テクノロジーで 「食の未来」を考える』が、今年11月10日(日)14:00〜16:00に新設されたなごのキャンパス内のコワーキングスペース「HOME ROOM」にて開催されます。

人工肉、遺伝子組み換え食品、デリバリーサービスなど、テクノロジー・イノベーションの波が「食の」分野でも世界的に押し寄せています。また、SDGs(持続可能な開発目標)の流れの中でフードロス解決やクリーンな生産に関する技術に注目が集まっています。このイベントでは、これら「フードテック(フード×テクノロジー)」の分野で注目を浴びているスタートアップ企業の経営者をゲストとして迎え、「食の未来」についてディスカッションしていきます。

料理レシピ動画アプリ「DELISH KITCHEN」を運営する株式会社エブリー代表取締役社長CEOの吉田氏、AI調理ロボットを開発するTechMagic株式会社代表取締役社長の白木氏、そして、料理を学びたい訪日旅行者と外国人に料理を教えたい日本人ホストをオンラインで結ぶシェアリングサービス「airkitchen」を運営するZAZA株式会社代表取締役CEOの永津氏が登壇者として並び、Nagoya Startup News編集長の若目田がモデレーターを務めます。

フードテックに興味のある方はぜひご参加ください。

イベント詳細

日時:11月10日(日) 14:00〜16:00
定員:50名
主催:名古屋市
会場:なごのキャンパス コワーキングスペース「HOME ROOM」

スケジュール

パネルディスカッション 14:05~15:00 テーマ「食×ビジネス・テクノロジーで、『食の未来』を考える」
交流会 15:00~15:40

申し込みページ