フューチャーコンパス第24回講演会が4月26日(月)に開催|クロス・フィロソフィーズ株式会社 代表取締役社長 吉田 幸司氏が登壇

投稿者: | 2021-04-05
Pocket


画像:HPよりスクリーンショット

2021年4月26日(月)に、フューチャーコンパス第24回講演会がナゴヤイノベーターズガレージにて開催されます。

講演:本質的課題を突き止め、意義を確立する「哲学シンキング」
講師:クロス・フィロソフィーズ株式会社 代表取締役社長 吉田 幸司 氏
主催:一般社団法人中部圏イノベーション推進機構

内容

欧米ではインハウス・フィロソファー(企業内哲学者)が雇用されるなど、ビジネスでの哲学活用が急速に広がっています。クロス・フィロソフィーズ株式会社は、日本初の哲学コンサル企業として、専門的・体系的・対話的な哲学を社会実装しています。本質的課題を突き止め、意義を確立する「哲学シンキング」。「問い」を深めることで、人材育成や異分野間のチームビルディング、新規事業のアイデアワーク・ビジョン構築、デザイン思考の強化などを行えるメソッド「哲学シンキング(哲学思考)」について語ります。

イベント詳細

日時:2021年4月26日(月)18:30 ~ 20:00
会場:オンライン配信のみ
定員:オンライン参加95名
申込締切:2021年4月22日(木)満席になり次第、締め切りとなります。
参加方法:申し込みページからフォームに入力
オンライン参加申込者にのみ、ZOOMウェビナー参加URLをご連絡いたします。
※参加URLは4/26 (月)までにメール送信いたします。
※お手数ですが、お申し込みは1名様ずつのご登録をお願いいたします。

講演者紹介

吉田 幸司 氏 クロス・フィロソフィーズ株式会社 代表取締役社長
上智大学哲学研究科で博士(哲学)を取得後、日本学術振興会特別研究員PD(東京大学)を経て、2017年5月、哲学を事業内容に起業。哲学の専門知と方法論を活かした「哲学コンサルティング」や、ワークショップ形式の「哲学シンキング」を行っている。大手企業でもこれらの手法は取り入れられ、『日経新聞』や『週刊ダイヤモンド』等でも大きく取り上げられている。上智大学非常勤講師、『BIZPHILO』編集長などを兼任。著書に『哲学シンキング』(マガジンハウス)など。