【現地&オンライン・無料】12月24日(金)開催|NAGOYA CONNÉCT #18 |新しい万博に向けて語り合おう

投稿者: | 2021-12-16
Pocket


2021年12月24日(金)16:00から、第18回目のNAGOYA CONNÉCT(主催:名古屋市、運営:Venture Café Tokyo)が開催されます。多種多様なイノベーター達による講演やワークショップ等による交流を通じて、参加者達が学びを得るプログラムです。同イベントは昨年7月からスタートし、毎月第4金曜日、 16:00〜21:00の時間帯で開催されています。

前回、11月26日(金)に開催されたイベントでは、二つのセッションが開催されました。前半には、政府的金融機関「Bpifrance」からゲストをお招きしフランスでのスタートアップや中小企業に対する支援の紹介、後半には専門職大学院「事業構想大学院大学」から同大学の教授や修了生、現役生を招いたトークセッションが開催されました。

前回開催のイベントレポートはこちらから!

当日プログラムのご紹介

(画像:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会より)

今回、12月24日(金)の当イベントでは、2025年に開催がされる大阪・関西万博を受け、国際博覧会にまつわる方々が登壇されます。

最終入場者数は2,200万人を超え、『「自然の叡智」に学び、「持続可能な社会の創造」の実現をめざして。』をメッセージに2005年に開催された愛・地球博にて、ハイブリッド情報端末「愛・MATE」を用いて会場パビリオンのスタッフや来場者へ貸し出し、さまざまな実証実験のプロデュースを担当された稲垣氏をお招きし、当時の仕掛けについてお話いただきます。

2025年大阪・関西万博のテーマは、「いのち輝く未来社会のデザイン」です。テーマを実現するためのコンセプトとして「PLL」(People’s Living Lab未来社会の実験場)が掲げられており、このコンセプトのもと、会期前からテーマに関する取り組みを国内外へ発信し万博を作り上げていく場が設けられています。

当イベントでは、2025年大阪・関西万博PLLクリエイターである齋藤氏、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会の参事である羽端氏、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会の広報戦略局戦略事業部に所属される今村氏がともに登壇されます。

後半にはクリスマス・イブを彩るセッションが開催

18時半からのセッションではクリスマス・イブを彩りカラフルで未来的なライブ空間にてネットワーキングを楽しめる演出が行われます。その後には、VentureCaféTokyo Executive Director・Babson大学准教授である山川を始め、愛知県・名古屋市におけるスタートアップ・ベンチャーのコミュニティ従事者やスタートアップ・ベンチャー企業の方々に多くご参加頂き、2021年の総括を皆様と行えればと考えております。

聖なる夜を前に奏でるNoël Liveも予定されています。ぜひご参加ください。

イベント詳細

開催日時:2021年12月24日(金)16:00〜
所要時間:150分(各セッション90分程)
定員:現地70名程 オンライン無制限
参加費用:無料
参加方法:なごのキャンパス・オンライン(Zoom)
詳細情報:https://ng18.peatix.com/
運営:Venture Café Tokyo
主催:名古屋市
共催:なごのキャンパス

※※本イベントは新型コロナウイルス感染症予防対策を徹底して開催致しますが、愛知県名古屋市の感染状況によっては全てオンラインのSessionとなる可能性がございます。
予めご理解・ご了承の程よろしくお願い致します

イベントのお申込はこちらから