『名古屋市スタートアップ企業支援補助金』平成29年度も交付されることが決定

投稿者: | 2017-03-28
Pocket

名古屋市内で新たに創業する方、名古屋市内に本社などを置く創業後5年以内の中小企業者を対象にした『名古屋市スタートアップ企業支援補助金』。最大で100万円の補助金が支給されます。平成28年度に続き平成29年度も交付を行うことが、名古屋市のHPにて発表されました。

スタートアップ企業の経費を一部助成

名古屋市は、成長が見込まれる企業の創業を促進するため、創業時などの経費の一部を『名古屋市スタートアップ企業支援補助金』として助成します。平成28年度にも実施され、応募総数209件に対して、32件が採択されました。

名古屋市によると、平成29年度に実施分の応募から交付までのスケジュールや補助要件などに関しては、平成28年度と大きな変更点はないとのこと。詳細は2017年4月下旬頃に公表される予定です。参考に、平成28年度分の実施概要をご紹介します。

平成28年度の『名古屋市スタートアップ企業支援補助金』実施概要

『名古屋市スタートアップ企業支援補助金』は、開業などに要する経費の一部を補助するもの。補助対象経費の1/3以内で交付され、限度額は100万円となっています。

補助対象となる経費は、設備費、人経費、原材料費、マーケティング調査費、広報費、外注費、委託費など。クラウドファンディングを利用する際の、ファンド運営事業者に支払う手数料も対象となります。

対象者は「名古屋市内で新たに創業する方」「名古屋市内で創業後5年以内の中小企業者」。さらに、「みなし大企業でないこと」「市税を滞納していないこと」「個人事業主の場合は名古屋市民であること」などの条件もあります。

応募から採択、補助金支払いまでのスケジュールは以下の通り。

名古屋市HP スクリーンショット

事前準備が重要

平成28年度の応募期間は5月中旬~6月中旬の1カ月でした。平成29年度もほぼ同じスケジュールで進行する見込みなので、今から準備に取りかかるとスムーズに申請ができます。書類審査を経て、採択された事業者のみが交付を受けられるので、応募書類(事業計画書など)は重要。

名古屋商工会議所名古屋市新事業支援センターでは、創業についての相談や事業計画書の作成指導も受けられます。

『名古屋市スタートアップ企業支援補助金』は、何かと経費がかさむ創業時には、ありがたい補助金。これから起業を考えている方、創業5年以内のスタートアップ企業の方は、ぜひ応募してみてください。新しい情報が入り次第、追ってお伝えします。