トーマツベンチャーサポートが「Evening Pitch in 名古屋 2017」を開催

投稿者: | 2017-06-03
Pocket

2017年5月17日(水)に、JPタワー名古屋内の有限責任監査法人トーマツ 名古屋事務所セミナールームにて、「Evening Pitch in 名古屋 2017」の第二回が開催されました。

トーマツベンチャーサポートのEvening Pitchとは?


トーマツベンチャーサポート株式会社、野村證券株式会社、株式会社ジャフコが主催、中部ニュービジネス協議会(CNB)が共催するピッチイベント。ベンチャー企業の成長促進、大企業における更なるイノベーションの創出を目的としています。毎回成長ポテンシャルの高いスタートアップ企業が登壇し、大手企業やベンチャーキャピタル等のオーディエンスに対してプレゼンを行ったり、企業間の交流の場を設けたビジネスマッチングイベントです。

ピッチプレゼン 登壇者

イベントのテーマは「ベンチャーに成長を、大企業にイノベーションを」。下記4企業が登壇し、それぞれの事業内容や注力領域、今後提携したい分野などをプレゼンしました。

株式会社エコ・テクノロジー

画像引用元:株式会社エコ・テクノロジー 公式HP

自社の注力製品であるトルネード型風力発電機と、情報通信やデジタルサイネージなどの新技術を掛け合わせ、革新的イノベーションを生み出したいと話しました。

エムジーホールディングス株式会社

画像引用元:エムジーホールディングス株式会社 公式HP

半導体、飲食、製造、画像処理などの様々な領域のグループ会社の経営をするエムジーホールディングス株式会社は、さらなるグループ拡大化への意気込みを見せました。

株式会社シード

画像引用元:株式会社シード 公式HP

駐車場シェアリングサービス「スマートパーキング」を提供する株式会社シードは、不動産会社や賃貸住宅管理会社などの幅広いネットワークを持つ企業との提携ニーズを話しました。

株式会社ビザスク

画像引用元:株式会社ビザスク 公式HP

登録者30,000名、日本最大のスポットコンサルティングサービス「ビザスク」を運営する企業です。新規事業創出プロジェクトの実施にあたる計画をプレゼンしました。

ピッチ後には企業同士の交流タイムが設けられ、会場は大いに盛り上がりました。スタートアップから大手企業まで、業種を超えて約50社が集った本イベントは、参加企業にとって意見交換の貴重なチャンスとなったようです。

次回の開催予定

「Evening Pitch in 名古屋 2017」第三回の開催予定は2017年7月19日(水)こちらから参加の申し込みが可能です。興味のある企業の方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。