「Tongaliアイデアピッチコンテスト2020」本選ライブ配信聴講者募集|10月29日エントリー締切

投稿者: | 2020-10-27
Pocket


学生ベンチャーの創出と起業家育成教育を目的とする「Tongaliプロジェクト」が主催の「Tongaliアイデアピッチコンテスト2020」が今年11月15日(日)に開催されるにあたり、参加チームの募集が開始されます。応募期間は2020年9月28日(月)~10月29日(木)。

アイデアピッチコンテストとは?

アイデアピッチコンテストとは、アイデアやビジネスプランを実現させるためのコンテストです。起業アイデアに限らず、企業とタイアップした新事業、地域振興、社会貢献、学生イベントを盛り上げるためのアイデアなどをピッチすることができます。

今回の「Tongaliアイデアピッチコンテスト2020」の優秀チーム5組には、10万円の活動支援金が支給されるほか、サポーター企業・団体からの特別賞も用意されています。また、2021年3月開催予定のDemoDayにて、事業化に向けての進捗報告や今後の展開を含めたデモを産業界に向けて行う機会や、活動支援金を活用したプロトタイプの作成やアイデアの事業化に関する「Tongaliスクール:School III」に参加する機会が得られます。

開催スケジュール

9月28日(月)エントリー受付開始
予選会に向けて3分間のプレゼン資料をご用意ください。
10月29日(木)エントリー受付終了
10月31日(土)予選会
名古屋大学東山キャンパスでの対面実施とZoomとのハイブリッド開催。
11月2日(月)〜 予選結果通知
申請代表者にメールでお知らせします。
11月15日(日)本選開催(なごのキャンパス)
本選の様子をライブ配信します。

応募詳細

アイデアに関する3分間のプレゼンテーションを行った後、審査員より5分間の質問時間を設けます。

応募資格:東海地区(愛知県・岐阜県・三重県)の大学および大阪大学・熊本大学の学部生・大学院生・ポストドクターが代表者で構成されるチームまたは個人
予選会開催日時:2020年10月31日(土) 13:00~17:00(予定)※エントリーした全チームが参加
予選会会場:名古屋大学 東山キャンパス ナショナル・イノベーション・コンプレックス(NIC)※希望者はウェブ会議システムZoomによるオンライン参加が可能

本選開催日時:2020年11月15日(日) 13:00~17:30(予定)
本選会場:なごのキャンパス コワーキングスペース HOMEROOM

審査項目:申請書・プレゼンテーション・質疑応答を評価します。
①わくわく感…アイデアに魅力やおもしろさがあるか
②新規性・独創性…アイデアに特徴や競争力があるか
③市場性・将来性…世の中に明確なニーズ・需要があり、将来の発展も見込まれるか
④意欲・熱意…アイデアかける熱意や思いが伝わってくるか
⑤プレゼンテーション…話術・資料作成・質疑応答が巧みかつ明瞭であるか

温めていたアイデアやビジネスプランがある皆さんは、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。エントリーはこちらのページから。

本選のライブ配信も

なごのキャンパスでの本選の様子はZoomウェビナーにてライブ配信されます。審査中の待ち時間を利用して、スタディサプリの人気講師、伊藤賀一氏による特別セミナーも行われます。発表をライブで聞きたい方、学生のアイデアに興味がある方、学生を応援したい方、どなたでも大歓迎ですので、興味がある方はぜひご視聴ください。

日時:2020年11月15日(日)13:00~17:30
視聴方法:Zoomウェビナーによるライブ配信
対象:どなたでも視聴可
参加費:無料
聴講をご希望の方はこちらのページからお申し込みください。