名古屋大学発学生ベンチャーのAcompanyが、プレシリーズAラウンドで総額2億円の資金調達を実施

投稿者: | 2021-06-14
Pocket

画像:プレスリリースより引用


秘密計算技術を中心としたデータセキュリティに関連するソリューションを提供している株式会社Acompany(本社:名古屋市中村区)が、プレシリーズAラウンドにてANRI、Beyond Next Venturesの2社をリードインベスターとして、DG Daiwa Ventures、epiST Venturesから総額2億円の資金調達を実施することを発表しました。

株式会社Acompanyは、名古屋大学発学生ベンチャーとして「データを価値に進化させる」をミッションに、なめらかなデータ活用社会を実現するべく2018年6月に設立されました。秘密計算に関連するプロダクトやコンサルティング開発を提供しており、2020年10月にリリースした秘密計算エンジン「QuickMPC®︎」の機能強化及び秘密計算アルゴリズムの拡充に向けて今回の資金調達が行われたのです。

■秘密計算とは

秘密計算とは、データを秘匿化(内容がわからない無意味化された状態)したまま、統計分析や機械学習などを用いた計算を可能とする技術です。秘密計算技術を用いることで、プライバシーに配慮したデータ活用や外部に詳細を公開したくないようなデータを安全に活用することが可能になります。現在、多くの企業では、顧客の個人情報や機密情報などを社外へ持ち出せずにデータの有効活用ができていません。Acompanyは、そんな活用されていないデータを使えるようにすることで、今までにない価値を作っていきます。

同社は今回の資金調達により、新たなプロダクト開発に力を入れつつ、秘密計算アルゴリズムの研究開発及び採用・組織体制の強化への投資に力を入れていく予定です。

■会社概要

社名:株式会社Acompany
代表者:代表取締役社長 CEO 高橋亮祐
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-3JRゲートタワー27F OICX
創業:2018年6月
ミッション:データを価値に進化させる
事業内容:秘密計算システムの開発と提供・プライバシーデータ活用に関するコンサルティング