インバウンド向け料理体験プラットフォーム「airKitchen」が、訪日外国人旅行者向け観光プラットフォーム「WAmazing」と業務提携

投稿者: | 2020-02-03
Pocket


訪日外国人観光客が旅先の家庭を訪問し、現地の主婦と一緒に日本食を作って食べる料理体験に参加できるサービス「airKitchen」を運営するZAZA株式会社(本社:愛知県みよし市)は、2020年1月に訪日外国人旅行者向け観光プラットフォームサービス「WAmazing株式会社」と業務提携をしたことを発表しました。

airKitchenは、旅行中に日本食の料理体験に参加したい外国人旅行者と、日本食を教える日本人ホストをオンラインで結ぶマッチングプラットフォームを提供する企業です。

一方、WAmazingは、訪日外国人向けにSIMカードを用いた通信環境やレジャー・アクティビティ情報などを提供するプラットフォームサービスを提供する企業です。2018年7月には、中国本土でのサービスの展開を強化するため、中国法人を設立するなどアジア地域にもフォーカスしています。

スタートアップ2社が手を組みインバウンドのアクティビティ領域を盛り上げる

国土交通省の訪日外国人消費動向調査では、訪日外国人旅行消費額4兆8,113億円(前年比6.5%増)、訪日外国人1人当たり旅行支出は15万8千円(前年比3.5%増)とインバウンド需要が高まる昨今、日本国内のレジャー・アクティビティのニーズも多様化しています。そして、旅行の主流だったガイドツアー型の観光から、個人のニーズに合わせてカスタマイズされた観光に注目が集まっています。(訪日外国人消費動向調査調べ)

「airKitchen」は、アジア圏へ勢力を伸ばしたいという狙いがあり、「WAmazing」のミッションとも共鳴することから、今回の業務提携に至ったとのこと。

アジア圏を中心としたマーケティングを強みとする「WAmazing」と、日本全国のローカル料理体験というコンテンツ力を強みとする「airKitchen」の両社が生み出す事業シナジーに今後も注目です。