アイサンテクノロジーが「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」にて5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験に参加

投稿者: | 2020-11-18
Pocket

画像:HPよりスクリーンショット


アイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市)は、株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市)、株式会社Mobility Technologies(本社:東京都千代田区)、損害保険ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区)とともに、東京都の「令和2年度自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」に採択されたことを受け、2020年12月8日から2020年12月23日の間、第5世代移動通信システム「5G」を活用した自動運転タクシーの実証実験を西新宿エリアで実施することを発表しました。

本実証実験では、自動運転システムを導入したタクシー専用車両「JPN TAXI」における複数台の同時公道走行の実用性や、複数の乗降場所の中から出発地・目的地を設定した際の最適ルート判別機能の有効性を検証。また、5Gを活用した遠隔監視システムで複数台の車両の状態をリアルタイムでモニタリングを行います。

アイサンテクノロジー、MoT、ティアフォー、損保ジャパン、KDDIの5社は、2019年11月に自動運転タクシーの社会実装に向け協業体制を構築しています。本実証実験における各社の役割分担は下記のとおりです。

ティアフォー
・オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」を活用した自動運転タクシー車両の開発
・自動運転車両を運行するために必要な配車管理システム・遠隔監視システムなどの周辺システムの開発および提供
・自動運転車両のセーフティドライバー・システムオペレーターの提供

MoT
・自動運転車両を活用したサービス展開
(エンドユーザー向けマーケティング、配車アプリ開発など)
・配車・遠隔監視などの運行管理システムの開発
(バックエンド・アプリ側)
・サービスオペレーションセンターの体制構築

損保ジャパン
・自動運転タクシー運行にかかるリスクアセスメント
・遠隔ドライバー・自動運転車両オペレーター用設備であるコネクテッドサポートセンターの活用
・自動運転車両向け保険の提供

KDDI
・自動運転向け通信基盤 (5G、LTE、固定回線など) の提供
(通信基盤の検討の一部は、株式会社KDDI総合研究所が担当)
・配車アプリと連携したマルチモーダルプラットフォームによるサービス展開
・配車・遠隔監視などの運行管理システムの開発

アイサンテクノロジー
・自動運転タクシー用の高精度3次元地図の提供

今後、アイサンテクノロジー、MoT、ティアフォー、損保ジャパン、KDDIの5社は、西新宿エリアを含む公道での本実証実験の成果を活用し、公共交通の担い手不足や交通弱者への対応といった社会課題を解決するための手段として、自動運転タクシーの事業化に向けてタクシー事業者との連携を深めながら、取り組みを進めていくとのことです。

詳細:https://www.aisantec.co.jp/ir/library/ir-releases/zm20201113.pdf