PEA JAPANがファインピースを販売代理店として、次世代エアーマシン「パーフェクトエコエアー」の販売開始

投稿者: | 2019-01-22
Pocket

株式会社PEA JAPAN」公式HPから引用


自動車整備事業を行う株式会社PEA JAPAN(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:林 竜也)。同社が開発する次世代エアーマシン「パーフェクトエコエアー(PEA)」が、自動車用品・整備工具販売などを行うファインピース株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:木下 寛士)を販売代理店として、2019年1月1日から正式に販売を開始しました。

PEAは「ゼロ磁場」「無帯電」で適切に空気をタイヤの中に入れる

株式会社PEA JAPAN」公式HPから引用


従来のコンプレッサーで入れる空気は、圧を受け電気化され、タイヤがいびつな状態になります。タイヤ内の空気のプラスイオンとマイナスイオンが不均等になり、走行時に横から見たタイヤはラグビーボールのような形になるためです。ラグビーボールが地面で上手く跳ねないように、エネルギーの伝達ロスが生じてタイヤ本来の性能を引き出せないという課題がありました。

しかし、PEAは「ゼロ磁場」「無帯電」の空気をタイヤの中に入れられることで、タイヤの原形通りに空気が満たされます。そのため、タイヤの形が真円に近くなり、従来のコンプレッサーで空気を入れたタイヤよりも接地面が小さくなります。その結果、ハンドル操作や燃費が良くなり、自動車の動きが改善します。

人・自動車・利益・環境を守るPEA

株式会社PEA JAPAN」公式HPから引用


PEA JAPANの目標は、PEAによって「人・自動車・利益・環境を守ること」。自動車の操作性の向上で事故を防ぎ、人と自動車の安全を守ります。タイヤの転がり抵抗の削減で、燃費・タイヤ寿命が改善し、自動車の整備費用の節約になり、燃費ロスやタイヤ摩耗の抑制がエコにもつながります。

PEA JAPANは2015年7月に車検の「コバック」と業務提携を行い、一般向けのサービス体制を整備しています。今後、PEAが一般家庭に普及する日も近いかもしれません。