プローバスがオンライン介護相談サービス『curapis (クラピス)』の相談員募集を開始

投稿者: | 2017-12-25
Pocket

curapis公式HPより引用

プローバス株式会社(本社:名古屋市中区)が、介護の専門家によるオンライン介護相談サービス『curapis(クラピス)』の相談員事前登録を、2017年12月7日に開始しました。「安心して長生きできる社会を創る」というビジョンのもと、同サービスを通じて介護をしている家族の課題解決を目指します。

​プローバスは、2016年に設立されたスタートアップで、福祉・介護領域に特化した事業を複数行なっています。これまでに、求人サービス『WellCrew(ウェルクルー)』、採用アウトソーシングサービス『WellSmart(ウェルスマート)』をリリースしています。

介護に悩む家族と介護のプロをつなぐ

世界でも類を見ない超高齢社会へと向かう日本では、約390万人もの人が在宅介護を受けています(厚生労働省による2017年度介護保険事業状況報告より)。家族が初めて直面する介護生活では、さまざまな制度をはじめ、介護の方法や日常生活のサポートまで多くの“悩み”が生まれます。さらに、介護職の現場では、専門性が高くても収入が上がりにくいという課題を抱えています。

これらの問題を解決するために生まれたのが、介護に悩む介護家族向けのオンライン相談サービス『curapis』です。事前審査を通過した、能力の高い“介護のプロ”である『クラピス(相談員)』に、いつでも手軽に相談できます。ユーザーは匿名で直接やりとりができるため、プライベートなことでも安心して相談できるのも特徴。相談内容から、介護される本人に合った保険外サービスや、介護施設の提案が受けられる仕組みも準備中です。

クラピスになるメリット

介護に悩む家族の悩みを解決するだけでなく、相談にのる『クラピス』にもメリットがあるのが『curapis』の特徴。クラピスは、相談に乗った件数に応じて報酬を受け取ることができます。ライフスタイルに合わせてスマートフォンやPCを使い、“スキマ時間”を活用して取り組めます。

また、介護に関する記事の執筆やインタビュー、セミナー登壇など、さまざまな場面で活躍するチャンスもあります。活躍するクラピスはイベントに招待され、クラピス同士が交流を深められる機会も提供され、ネットワークを築くことも可能。「収入を増やしたい」「在宅でしか仕事ができない」「知識やスキルを活用したい」、そんなクラピスの悩みも解決してくれます。

同サービスのリリースは、2018年春を予定しています。プローバスは、「本人にとってもご家族にとっても、後悔のない介護生活を送ることができるように、みなさんと一緒にサポートしていきたい」とコメント。介護に関わる多くの人の悩みを解決するサービスになることが期待されています。