株式会社FINEが新しいアパレル再販「Rename.jp – ブランド名を表示しない、服の新しい売り方」をオープン

投稿者: | 2018-10-26
Pocket

アパレル再販の新しい形

株式会社FINE(本社:名古屋市千種区)が、服を廃棄せず、ブランド価値も壊さない、新しいアパレル再販の公式オンラインストア「Rename (リネーム)」をオープンしました。同サービスでは、提携している縫製工場で、製品についたブランドネームタグや、洗濯表示タグの付け替え加工を行います。それにより、ブランド価値を傷つけずに、再販することが可能となりました。


アパレル製品の大量破棄問題

日本国内では、アパレル製品供給数は年間約40億点といわれ、毎年大量の服が流通しています。しかしそれと同時に、製品のトレンドの移り変わりが激しく、着用シーズンも短いため、在庫管理が非常に難しく大きな課題となっていました。実際に、年間約100万トン(想定、約30億点以上)のアパレル製品が廃棄されており、中には数回しか着用されていない服や、未使用のまま廃棄されているものも数多くあります。

ブランドイメージを傷つけない

廃棄の要因の1つに、大幅な値下げや、転売による意図しない販路への流出が行われると、ブランドのイメージか壊れてしまうという懸念がありました。そこで、製品のタグの付け替えによって、服のブランド価値を守りながら、より多くの人へ届ける、「Rename (リネーム)」の新しい再販の形がスタートしました。ネームタグに関わる作業は、主に奈良県の工場で行われており、工業用ミシンで、丁寧な手作業によって加工されています。

Rename (リネーム)での購入によるメリット

Rename (リネーム)では、高品質の商品をお手頃価格で購入することができるというメリットがあります。また、公式オンラインストアでは、商品カテゴリーのほかに、価格帯・サイズ・カラーの条件で絞って、欲しい服を探すことが可能です。ブランドのタグが付け替わっているため、ブランドイメージによって、今まで手に取らなかった製品とも出会える機会も生まれます。

アパレル業界の新しい再販の形に期待が寄せられています。

Rename (リネーム)のTwitterアカウントはこちらから。