2018年度も名古屋大学が『Tongaliアイデアピッチコンテスト2018』を開催 – 優秀チームには活動支援金や海外(デンマーク)デザイン思考研修への挑戦権も

投稿者: | 2018-10-27
Pocket

学生ベンチャーの創出と起業家育成を目的とする名古屋大学の「Tongaliプロジェクト」
その「Tongaliプロジェクト」主催の『Tongaliアイデアピッチコンテスト2018』が11月27日(火)に開催されます。

アイデアピッチコンテスト2018開催決定!!

アイデアピッチコンテストとは、アイデアやビジネスプランを実現させるためのコンテストです。過去のイベントの様子はこちらから。

対象は名古屋大学をはじめ、東海地区(愛知県・岐阜県・三重県)および大阪大学(EDGE-NEXT協力 機関)のすべての学部生・大学院生・ポストドクターです。

審査方法について

審査は、申請書とプレゼンテーションを基に行われます。

審査項目は、以下の通りです。
① わくわく感 (アイデア全体が魅力的である)
② 新規性・独創性(アイデアの特徴、競争力がある)
③ 市場性(市場における明確なニーズ・需要が見込まれる)
④ 将来性(継続的な提供、将来に向けて発展していく)
プレゼンテーション自体および質疑に対する応答等についても審査対象となります。

審査員には、株式会社ミライプロジェクト代表取締役/株式会社エイチーム 取締役 牧野 隆広氏や、ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社代表取締役 飯野 将人氏などを迎える予定です。

応募受付期間は、2018年10月22日(月)~11月4日(日)となっています。

応募方法について

・募集要項  募集要項(PDF)
・応募方法
こちらの申請書を添付してお申し込みください。

※応募多数の場合
応募多数の場合は、11月16日(金)に名古屋大学にて本選と同じ3分間のピッチを行う予選会を開催予定です。詳細は応募締切後に申請代表者に連絡します。

Tongali賞(優秀賞)を受賞したチームには、 活動支援金10万円 × 5チームに併せて、『デンマークデザイン思考研修』挑戦権(2チーム派遣) 起業のための実務サポート(上限20万円)が提供されます。

アイデアやビジネスプランが、実現できる大きなチャンスです。アイデアをお持ちの方、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

より詳しい内容は、こちらの『Tongaliアイデアピッチコンテスト2018』から