STATION AI株式会社が愛知県のスタートアップ支援拠点「PRE-STATION Ai」の運営開始を発表

投稿者: | 2022-04-08
Pocket

STATION Ai株式会社(本社:名古屋市西区)が「STATION Ai」の2024年10月の開業に先駆けてWeWorkグローバルゲート名古屋(名古屋市中村区)内に開設されていた「PRE-STATION Ai」の運営事業者となり、2022年4月1日から本格的にスタートアップの総合支援を開始したと発表しました。また、かねてより募集及び審査をしていた2022年度の「PRE STATION Ai」支援対象となるメンバー(Standardメンバー43社及びRemoteメンバー42社)である85社を決定しました。

STATION Ai株式会社

STATION Ai株式会社は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区)が愛知県より「STATION Ai」の整備・運営事業者の代表企業として採択されたことを受けて、「STATION Ai」の設計・建設や運営・維持管理などの事業主体を担うために2021年9月1日に設立した特別目的会社(SPC)です。

同社の代表取締役社長兼CEOには、ソフトバンクの子会社で新規事業を手掛けるSBイノベーション株式会社(本社:東京都港区)において、社内起業プログラムの設計・運用・審査や、各事業の成長支援を行ってきた佐橋宏隆が就任。同社は2022年4月より、愛知県が運営していたスタートアップの創出・育成・展開・誘致を行う「PRE-STATION Ai」事業を受託し、その運営を担っています。

PRE-STATION AI

プレスリリースより引用


「PRE-STATION Ai」は、2020年1月にWeWorkグローバルゲート名古屋内に開設されたスタートアップ支援拠点。同拠点は2024年10月に開業予定の「STATION Ai」の準備期間として開設されました。今回支援対象となった企業は、創業前からアーリーステージまでのスタートアップ。オフィスへ入居するStandardメンバー43社と、オンラインにて支援を受けるRemoteメンバー42社の計85社がメンバーとして採択されました。

また、同拠点では起業経験 / スタートアップ投資経験を持つ6名が、統括(4名)、コミュニティーマネージャー(2名)としてスタートアップと起業家を継続的に支援をしています。今回採択された企業は、専任のメンターによる事業アイデア・ビジネスモデルのブラッシュアップ等の継続的な個別支援や、参加メンバーでの「ギルド」の構成、「ギルド」内の交流会やピッチコンテストの開催によるコミュニティ形成の促進など様々な支援を受けられるとのことです。

「PRE-STATION Ai」の統括マネージャーおよびコミュニティマネージャーと、メンバーはこちらからご覧できます。https://prtimes.jp/a/?f=d95825-20220402-96564dff684b2bc903fb3ff87422ab32.pdf

併せて読みたい

Nagoya Startup Newsでは、名古屋を中心に東海圏におけるベンチャー企業や新技術に関連する最新情報、業務提携に関するニュースを配信しています。東海圏のベンチャー企業や新規事業、オープンイノベーション分野に興味のある方は、以下の関連記事も併せてご覧下さい。

愛知県がスタートアップ支援拠点「PRE-STATION Ai」のメンバーを募集

愛知県がスタートアップ企業向け早期支援拠点の新規入居者を募集|ステーションAi