GOOD AIDが「名鉄薬品株式会社」の株式の一部を取得 それに伴い代表の服部氏が代表取締役に就任

投稿者: | 2022-07-14
Pocket

プレスリリースより引用

GOOD AID株式会社(本社:愛知県名古屋市)が、名古屋鉄道株式会社(本社:愛知県名古屋市)より、名古屋鉄道の子会社である「名鉄薬品株式会社」の株式の一部を取得し、グループ会社として迎え入れることを発表しました。それに伴い、GOOD AID株式会社代表の服部氏が、代表取締役に就任しました。

GOOD AID株式会社

公式HPより引用


GOOD AIDは、「薬局のあり方を変え続けるヘルスケアプラットフォームになる。」をミッションとして掲げ、処方せんがなくても医薬品を購入できる零売(れいばい)など新たな機能を兼ね揃えた薬局、訪問看護、医薬品ECなどの事業を展開しているスタートアップ企業。

名鉄薬品株式会社

公式HPより引用


名鉄薬品株式会社は、調剤薬局の運営・医薬品、食料、医薬品の商品販売事業を行う企業。同社が運営している「めいてつ調剤薬局」は、本店、東大手店、春日井店、前後店、丸の内店、豊川店と、名古屋を中心に6店舗あり、地域の方に信頼される調剤薬局を目指しています。

株式取得の背景

同社は今まで「街の保健室」と称して、健康について幅広く相談を受けており、さまざまな選択肢を提案できる地域に根ざした薬局を運営していました。

今後は、かねてより構想していた、地域のあらゆる機関・企業・サービスとつながる「スマート健康シティ構想」を実現するために、名古屋鉄道株式会社の支援を受け、名古屋地域の健康支援をより強化していこうと考え、2022年4月に名古屋鉄道様との資本業務提携を発表したとのこと。

そして、名古屋鉄道株式会社の子会社である「名鉄薬品」の株式を一部取得し、同社のグループ会社として迎え入れました。名鉄薬品は名古屋鉄道沿線上で「めいてつ調剤薬局」を運営しており、この度仲間入りする6店舗は名古屋鉄道沿線地域の健康を支えるハブになることを目指します。

経営体制

また今回の株式取得にともない、名古屋鉄道沿線地域の健康を支える薬局のさらなる運営強化を目指し、GOOD AID代表の服部 雄太が新たに名鉄薬品の代表取締役社長に、GOOD AID執行役員の岩本 憲太郎が同社の取締役に就任します。また名古屋鉄道様からも、同社執行役員経営戦略部長の鈴木 武氏が取締役に就任するとのこと。

併せて読みたい

Nagoya Startup Newsでは、名古屋を中心に東海圏におけるベンチャー企業や新技術に関連する最新情報、業務提携に関するニュースを配信しています。東海圏のベンチャー企業や新規事業、オープンイノベーション分野に興味のある方は、以下の関連記事も併せてご覧下さい。

零売薬局運営のGOOD AIDがシリーズCラウンドで総額3億円の資金調達を実施

迷惑電話ブロックサービス「トビラフォン」手掛けるトビラシステムズ、GOOD AIDに出資

シリーズBラウンドで総額2億円の資金調達を実施|GOOD AID株式会社