注目企業紹介|あいちスタートアップ創業支援事業費補助金の交付先が決定

投稿者: | 2021-08-11
Pocket


愛知県は2021年8月6日、同県が実施していた「あいちスタートアップ創業支援事業費補助金(起業支援金)」の交付先を決定したと発表しました。

同補助金の公募は2018年に策定された「Aichi-Startup戦略」に伴い2019年度より実施しており、今回で3回目。応募総数は75件で、外部有識者を中心とした審査委員会での審査を経て、企業や個人事業主など25件の交付先が決定されました。本稿では起業支援金の概要と共に、交付対象となった注目企業もピックアップしてご紹介します。

あいちスタートアップ創業支援事業費補助金

スタートアップ創出の促進を目的に、愛知県内で起業や事業承継、または第二創業する方に対し、必要経費の一部が起業支援金の交付という形で支援される制度。同補助金は、それら金銭的な支援だけでなく、事業成長加速のための経営面等に関わる専門家による伴走支援がおこなわれることも大きな魅力です。3回目の実施となった本年度の応募総数は75件と、昨年度の44件から大きく増加しました。

補助対象は交付決定日から2022年1月31日までの期間において、補助対象事業に関して支出した経費。上限は200万円(下限25万円)で、補助率は補助対象経費の2分の1以内になります。交付に関わる今後のスケジュールについては、以下の画像の通りです。

プレスリリースより引用


愛知県ではスタートアップエコシステム形成の実現に向け、補助金の他にもたくさんのスタートアップ企業の支援事業をおこなっています。その他の取り組みについては下記の記事も是非ご覧下さい。

東京のVCと愛知のスタートアップをつなぐ|株式会社ANOBAKAをプログラム運営として「AICHI STARTUP BRIDGE」始動

注目企業・事業(順不同)

今回の公募により決定した交付先の中で、注目企業や事業について紹介していきます。

AquaAge株式会社(名古屋市中村区)

AquaAge株式会社公式HPのスクリーンショットより引用


「データサイエンスに個人性と美意識等を融合し、新たな価値を創造していく」をビジョンとして掲げ、AI技術を活用したスキンケアサービスと自動運転シミュレーション環境の構築のためのストリートマップなどを作成しています。
【支援事業名】化粧品の対面カウンセリングDXプラットフォーム

大洋技研工業株式会社(名古屋市中村区)

大洋技研工業株式会社公式HPのスクリーンショットより引用


豊田市で1966年にLPGガス栓の専業メーカーとして創業。現在では海外展開も盛んにおこない、多種多様で高付加価値なバルブやポンプ、フィルターなどを製造しています。
【支援事業名】完全閉鎖型陸上養殖での魚介類の養殖試験

株式会社じょさんしGLOBAL Inc.(刈谷市)

プレスリリースより引用


助産師の方が自身の体験を基に個人事業として2年前に立ち上げ、株式会社としては2021年6月から発足した企業。オンラインで気軽に助産師のサポートを受けられる新しいスタイルの子育てサポート「じょさんしONLINE」を運営しています。
【支援事業名】多様な形の妊娠・出産・育児の企業型オンライン支援