【2/22-23 オンライン開催】愛知・名古屋地域のスタートアップ関連イベントがついに集結!東海地区最大規模のスタートアップの祭典「TOCKIN’ NAGOYA」の魅力に迫る!

投稿者: | 2022-02-14
Pocket

ここ数年、愛知・名古屋地域ではさまざまなスタートアップ関連の取り組みが行われてきましたが、2020年に内閣府のスタートアップ・エコシステム「グローバル拠点都市」に選定されてからはますます盛り上がりを見せています。

この盛り上がりをさらに加速させようと、中部経済連合会・大学(Tongali)、愛知県・名古屋市などのスタートアップ支援を行う産学官がタッグを組んだ一大イベント「TOCKIN’ NAGOYA(トッキンナゴヤ)」が2022年2月22日(火)・23日(水)に開催されます。愛知・名古屋地域のスタートアップ関連イベントが2日間に凝縮されており、「東海地区最大規模のスタートアップの祭典」と銘打って実施されるため、期待も高まります。

このイベントは初めての開催となりますが、どのような特徴があり、どんな方におすすめのイベントなのでしょうか。Nagoya Startup Newsでは、その開催の背景とイベントの魅力をお伝えしていきます。

前代未聞の異例のタッグ、産学官の複数のプロジェクトが一挙集結!

このイベントは、中部経済連合会・名古屋大学・愛知県・名古屋市などで構成されるAichi-Nagoya Startup Ecosystem Consortiumが主催しています。学生起業家や、大学の研究シーズから起業を目指す研究者など、起業を目指す人材によるピッチイベント、この地域を代表するスタートアップやサポーターらによるトークセッションのほか、モーションキャプチャなどの技術にフォーカスしたイベント、学生による新鮮な発想を生かしたイベントが行われる予定です。

ピッチやトークセッションの特徴として、これから本格的に挑戦する人材を応援する内容のものが多く、この地域から新しいプレイヤーがどんどん生まれてくる活力を感じることができます。新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン開催となりましたが、画面越しでも衰えない熱意を感じるために、既に多くの参加者がオンライン参加登録をしています。

TOCKIN’ NAGOYAは、最高で、とんがったアイデア・技術に出会える場所

“「TOCKIN’」は、「最高、すごい」を意味する「ROCK」と、名古屋弁で「とんがっている」を意味する「トキントキン」を掛け合わせた造語です。この祭典が「最高」で、「とんがったアイデア・技術に出会える場所」になることを目指しています。”

イベントページのトップメッセージには、このように開催への意気込みが記されています。

昨今、愛知・名古屋地域におけるスタートアップの盛り上がりにより、イベントやセミナーが多く開催されています。起業やスタートアップに対して様々なメッセージが飛び交う中でも、TOCKIN’ NAGOYAでは、アイデアや技術に対する純粋なワクワク感を大切にしていると感じ取ることができます。地元でこれからスタートアップや起業を志している人にこそ、まずはじめに参加してほしいイベントです。

参加費は無料。申し込みは開催当日2月23日(水・祝)まで。すべてのプログラムを回るもよし、1個の気になるプログラムだけに参加するもよしです。

オンライン開催ならではの楽しみ方で、この地域のスタートアップ・エコシステムの熱量を、ぜひ肌で感じてみてください。

イベント詳細

日時:2022年2月22日(火)・23日(水・祝)
場所:オンライン
申込方法:TOCKIN’ NAGOYAイベントページより申し込み
スケジュール:下記画像、もしくはイベントページを参照

合わせて読みたい