株式会社Cogane studioが健康食品原料データベースINGRE BANKのベータ版をリリース

投稿者: | 2021-10-05
Pocket

プレスリリースより引用

化粧品OEM、化粧品ビジネスマッチングサイト「Benten」を運営する株式会社Cogane studio(本社:愛知県名古屋市)は、化粧品業界で初めてRMIFに対応した化粧品、健康食品原料データベース「INGRE BANK(イングレバンク)」のベータ版をリリースすると発表しました。

株式会社Cogane studio

同社は「化粧品業界をITで民主化する」を掲げ、化粧品ビジネスのあらゆる悩み事の解決に取り組む企業。化粧品ビジネスに関わる質問や依頼を投げかけるだけで専門の業者とのマッチングを実現する、化粧品ビジネスマッチングサイト「Benten」を運営しています。

化粧品・健康食品原料データベース「INGRE BANK」

化粧品及び健康食品の開発にあたり、原料を探す際にはどの企業が何の原料を扱っているのか知る必要があります。これまで特定の原料の探索には多くの手間を要していたため、検索からサンプルや資料の取得までを円滑に実施するためのプラットフォームが求められてきました。

そんな中、同社からリリースされるINGRE BANKは、各種原料の検索や資料のダウンロード、 サンプルの受発注の一元管理が可能。また、化粧品業界において原料に関する情報の業界推奨基準となるフォーマット、「RMIF(Raw Material Information File)」に業界で始めて対応しています。同サービスは現在、ベータ版として原料の掲載を希望する原料メーカーを募集しているとのことです。

併せて読みたい

Nagoya Startup Newsでは、東海圏におけるベンチャー企業や新技術に関連するニュースを配信しています。名古屋には今回紹介した株式会社Cogane studioと同じように化粧品、健康食品に強みを持つベンチャーが多く存在しています。名古屋発の新技術やベンチャー企業に興味のある方は、以下の関連記事も併せてご覧下さい。

名古屋近辺の医療・バイオ系ベンチャー14社


成分にこだわった肌に優しい防災用の洗浄液 ー岡崎市の女子大生が運営する「株式会社じゃがいも」にインタビュー

注目企業紹介|あいちスタートアップ創業支援事業費補助金の交付先が決定

運営会社からのPR