三菱電機名古屋製作所がAUBAと連携|アクセラレータプログラム「MITSUBISHI ELECTRIC ACCELERATION 2021-2022」を開始

投稿者: | 2021-12-01
Pocket


三菱電機株式会社名古屋製作所(所在地:名古屋市東区)は、オープンイノベーションプラットフォームのAUBA(運営:eiicon company)と連携し、FA(ファクトリーオートメーション)分野のアクセラレータプログラム「MITSUBISHI ELECTRIC ACCELERATION 2021-2022」を開始したことを発表しました。

同社は2021年11月25日(木)より、同プログラム内にて通年でベンチャー企業から共創アイデアの募集を開始しています。

三菱電機名古屋製作所は、1924年に汎用電動機の量産工場として設立。現在は同社FA事業の中核拠点とされています。グループ全体では、2021年~2025年にかけて0.5兆円の戦略投資が実行される予定で、名古屋製作所でもこの動きに合わせてテクノロジー企業・スタートアップ企業との連携を強化する見込みです。

本プログラムでは、製造現場における技術開発や協業を目的に、下記5つのテーマで事業アイディアを募集しています。

  • 進化するIT技術で製造現場をアップデート
  • 最新のセンシング技術による製造工程の効率化
  • セキュアな製造現場の構築
  • 工作機械の機上計測による製造現場の効率化
  • FA製品のカーボンニュートラル(=脱炭素)の実現

また、以下に挙げたスタートアップ側へのメリット設計もされています。

  • 各技術部門も連携したコミット体制
  • 過去平均PoC費用300万円/件の利用実績
  • 日本だけではなく世界94カ国の製造現場が対象となる幅広いマーケットを保有

プログラム詳細

2021年11月25日:エントリー受付開始
1.5か月ごとに書類選考を実施予定
【スケジュール】
2022年1月7日(金)までの応募:2022年1月下旬選考
2022年2月25日(金)までの応募:2022年3月中旬選考
2022年4月8日(金)までの応募:2022年4月下旬選考
2022年5月23日(月)までの応募:2022年6月中旬選考

本アクセラレーションプログラムの応募対象

【応募資格】

  • 応募時点で法人登記が完了していること(設立年月を問わない)
  • プロダクト、サービスが完成しているまたは完成の目途がついていること

【応募対象】

  • 海外を含むアーリーステージ以降のスタートアップ
  • 新規のプロダクト・サービスを開発し、社会実装の場を検討している企業

下記リンクより応募が可能です。

併せて読みたい

Nagoya Startup Newsでは、名古屋を中心に東海圏におけるベンチャー企業や新技術に関連するニュース、業務提携に関するニュースを配信しています。東海圏のベンチャー企業や新規事業、オープンイノベーション分野に興味のある方は、以下の関連記事も併せてご覧下さい。

名古屋近辺でオープンイノベーションに取り組む企業10社(事例付き)


名古屋近辺のAI(人工知能)ベンチャー11社

名古屋近辺の医療・バイオ系ベンチャー14社

運営会社からのPR