豊橋駅東口に新設された複合ビルemCAMPUSで、スタートアップ企業を支援する「エムキャンパス・スタジオ」が開設

投稿者: | 2021-11-30
Pocket

emCAMPUS STUDIO公式HPのスクリーンショットより引用

愛知県豊橋市、豊橋駅の東口側に複合ビル「emCAMPUS(エムキャンパス)」(以下、エムキャンパス)の東棟が2021年11月27日(土)にオープンしました。それに併せ、同施設5階にスタートアップ支援拠点「エムキャンパス・スタジオ」が開設されました。

emCAMPUS

emCAMPUS公式HPのスクリーンショットより引用


東三河の玄関口として知られる豊橋駅の、東側にオープンした複合ビル。地下1階、地上24階建てで、6階以上は分譲マンションにもなっており、5階までの各階に設置された様々な拠点で食・健康・学を存分に楽しむことができます。

今回のエムキャンパス東棟の竣工は「豊橋駅前大通二丁目都市市街地再開発事業」によるもの。2024年9月には西棟の完成も予定されています。この再開発事業により、今後エムキャンパスは豊橋に留まらず東三河における市民の憩いの場でありながら、新しいランドマークになることも期待されます。

スタートアップ支援拠点「emCAMPUS STUDIO」

emCAMPUS STUDIO公式HPのスクリーンショットより引用


エムキャンパスの5階に開設された「共創型キャンパス」です。貸会議室を完備する他、豊橋技術科学大学のサテライトオフィスも入っており、東三河の企業や大学、人々が様々な学びを通じた新しい価値の創出を目的としています。

今後は、企業研修、生涯教育、事業創造の3つを核に、地域の企業や大学との「共創」の取り組みを通じた学びや、チャレンジ支援のためのプログラムを展開予定。「事業創造」の面では、気軽に面白いことを始めたい方や企業を応援するプログラムが提供されるとのこと。2021年12月10日(金)〜12日(日)には同施設で、「第6回Startup Weekend 豊橋」という起業体験イベントも予定されています。

併せて読みたい

Nagoya Startup Newsでは、名古屋を中心に東海圏におけるベンチャー企業や新技術に関連するニュース、業務提携に関するニュースを配信しています。名古屋をはじめとした東海地域では近年、新規事業や起業を支援する施設が増加しており、その支援方法は自治体や運営によっても様々です。東海圏のベンチャー企業や新規事業、オープンイノベーション分野に興味のある方は、以下の関連記事も併せてご覧下さい。

【特集】アントレプレナーシップを学生にも届けたい|Tongali運営事務局 東海地区5大学をインタビュー #豊橋技術科学大学編


【起業相談も可能】岐阜市のコワーキングスペース「Neo work-Gifu」|スタートアップ特化の支援事業を開始

名古屋近辺でオープンイノベーションに取り組む企業10社(事例付き)

運営会社からのPR