モリコロパーク・長久手市内で「AIデジタルマップ「NOSPOT」」提供開始

投稿者: | 2022-12-20
Pocket

プレスリリースより引用


株式会社New Ordinary(名古屋市西区、以下New Ordinary)は、愛知県の「愛知県新型コロナウイルス感染症対策新サービス創出支援事業費補助金」を活用し、デジタルマップ「NOSPOT」の提供を、2022年11月1日にジブリパークがオープンした、愛・地球博記念公園(通称:モリコロパーク)及び愛知県長久手市内にて開始したとのことです。

「愛知県新型コロナウイルス感染症対策新サービス創出支援事業費補助金」とは中小企業等が取り組む、新型コロナウイルス感染症の社会経済への影響に対応するための新サービス・新製品(商品)の開発及び販路拡大を支援するための補助金です。

New Ordinaryが提供するAIデジタルマップ「NOSPOT」とは

New Ordinaryは、コロナ禍の2020年4月に創業した名古屋のスタートアップ企業です。移動価値の創出を目指し、「誰もが,移動価値を体験し,新しい自分に出会い続けられるようにする。」をミッションにしています。これまでにも、浅草とスカイツリー周辺エリアにて人工知能(AI)によるAIデジタルマップ「NOSPOT」を期間限定で提供しています。

プレスリリースより引用


AIデジタルマップ「NOSPOT」はNew Ordinaryが開発・提供しているサービスです。AIがユーザーにおすすめの目的地を提案するデジタルマップで、観光客の趣味趣向に合わせた追加の目的地を提案することで、地域内の周遊を促すことができます。

今回提携では、モリコロパークの来園者に向けて、公園を管理する(公財)愛知県都市整備協会や(一社)長久手市観光交流協会が提供する情報をもとに、園内の見どころや長久手市内の観光スポットへの周遊コースを、好みやシチュエーションに合わせてAIが提案。「NOSPOT」を利用することで、県外や海外からの来場者を中心に、多くの魅力的なスポットを知り、楽しむことが期待されます。

併せて読みたい

Nagoya Startup Newsでは、名古屋を中心に東海圏におけるベンチャー企業や新技術に関連する最新情報、業務提携に関するニュースを配信しています。東海圏のベンチャー企業や新規事業、オープンイノベーション分野に興味のある方は、以下の関連記事も併せてご覧下さい。

AIコミュニケーションが、チャットボット「HIDEYOSHI」サービス開始を発表

未来を起点に考えて、自らコトを起こす|NAGOYA CONNÉCT #17 イベントレポート