名古屋発アグリテックスタートアップ 株式会社トクイテン、「あいちロボットトランスフォーメーション(ARX)」にロボットベンダーとして採択

投稿者: | 2021-10-26
Pocket

プレスリリースより引用

株式会社トクイテン(本社:愛知県名古屋市)は2021年10月25日、愛知県が主催するサービスロボット社会実装推進事業「あいちロボットトランスフォーメーション(以下、ARX)」に、ロボットベンダーとして採択されたと発表しました。

愛知県はサービスロボットの社会実装を促進させるため、2019年よりサービスロボットショーケース事業「あいちロボットショーケース」を推進しています。

株式会社トクイテン


同社は愛知と東京を拠点に、有機農業とロボット、そしてAIを掛け合わせ、有機ミニトマトの生産と、栽培自動化のためのシステム開発をおこなうスタートアップ企業。2021年8月に創業したばかりです。特にAIとロボットの分野に強みを持ち、それらを用いた農業の自動化や有機農業の展開の他にも、美味しさと収穫量を両立させられるスマート農業で「持続可能な農業の実現」に取り組んでいます。

AICHI ROBOT TRANSFORMATION

AICHIROBOTTRANSFORMATION公式HPのスクリーンショットより引用


ARXは愛知県が2019年から実施してきたサービスロボット推進事業「あいちロボットショーケース」の一環。目的は、様々な施設におけるロボット活用の好事例の創出です。今後、2021年11月3日の豊田スタジアムを皮切りに、オフィスや空港、病院、農場など県内のあらゆる施設で実証実験が始まります。

トクイテンは2021年12月に愛知郡東郷町のトマト農園「Toma ROSSO TOGO FARM」で実施される実証実験への参加が予定されており、自律走行型の運搬・噴霧ロボットによる収穫物の運搬や、液体肥料・農薬噴霧をおこなうとのことです。実証内容としては以下3つです。

  • どの程度の地面の状態なら運搬ロボットが安全に活動できるか
  • 対人件費でどれ程度の効果があるのか
  • 人件費の削減、労働負荷の削減以外の効果はありそうか

併せて読みたい

Nagoya Startup Newsでは、東海圏におけるベンチャー企業や新技術に関連するニュースを配信しています。名古屋には今回紹介したトクイテンのようにAIやロボットに強みを持つベンチャーが多く本社を置いています。名古屋発の新技術やベンチャー企業に興味のある方は、以下の関連記事も併せてご覧下さい。

元Misoca創業者と次世代ロボット研究者が名古屋発アグリテックスタートアップのトクイテンを始動


名古屋近辺のロボットベンチャー3選

名古屋近辺のAI(人工知能)ベンチャー11社

運営会社からのPR