第3回:共同創業者、ベトナムより現る。—海外在住の日本人に活躍の場を—トラベロコ代表・椎谷ゆたかさんにインタビュー

投稿者: | 2017-01-01
Pocket

——初めての海外は不安。できるだけたくさん現地の情報を知りたい。もし可能なら、現地の日本人の方にガイドをお願いしたい。——そんな「したい」が叶う!をコンセプトに、海外に行く日本人と、旅のお手伝いをしてくれる海外在住日本人をマッチングするサイトがあることをご存知でしょうか。

その名も「Traveloco(トラベロコ)」。2017年1月に海外在住の日本人登録者数10,000人を達成した、日本最大級の海外プラットホームです。

今回、わたくしNagoyaStartupNews編集長の栗栖(クルス)が、トラベロコ代表取締役の椎谷ゆたかさんにトラベロコの知られざる裏側から今後の展望まで、お話を伺ってきました。

椎谷ゆたか

埼玉県さいたま市出身。名古屋市在住。海外旅行情報サイトを運営している株式会社ナビドットコムを経て、2014年1月、海外在住日本人と海外に行く日本人をマッチングするサイト「トラベロコ」を立ち上げる。2015年12月に法人化し、2017年1月には海外在住の日本人登録者数10,000人を達成。同サービスを対応エリア140ヵ国1350都市の日本最大級の海外プラットホームに成長させる。

目次

 

第3回:共同創業者、ベトナムより現る。

——ベトナムのほうから共同創業者が現れた、というのがすごく気になったんですけど?

そうですね、僕ってシステムエンジニアじゃないので、システムは作れないんですよ。サイト運用に関わることはほとんどできるんですけど、システム的なこと、システム作るとか、プログラミング書くとかはできないんです。だから、そういうのは外注していましました。

でも、その外注していたエンジニアの人が、サイトが立ち上がったタイミングで別の会社に就職して抜けちゃったんですよ。それで、サイトだけが残ったんですね。

せっかくサイトがオープンしたのに、そこから先、改善できなくなってしまっんです。それで、エンジニアを探して、色々とあたっていたら、たまたまベトナムにいたシステムエンジニア(日本人)に出会ったんですよ。話してみたら、偶然、その人はベトナムで旅行会社に勤めていて、それとは別にシステムの仕事もやっていたんですね。

——相性が合ったんですね。

そうですね、こっちの言うことも理解してもらえましたし、もちろんシステムも作れますし。それで、しばらく手伝ってもらって、途中から2人でやるようになりました。もちろん、それでもうまくいかない期間は長かったんですけど、途中からうまく回るようになってきました。

2015年12月に法人化しました。2014年の1月にβ版立ち上げたので、2年近くかかっての法人化でした。だから、そこまでも相当長かったです。

でも、その人が来てくれたおかげでだいぶシステム的な面では安定してできるようになりました。 やりたいことがあっても、エンジニアがいないと形にできないじゃないですか。それがやっぱり大きかった。

取材場所提供:GOLPIE COFFEE

——いま、メンバーは椎谷さんと共同創業者の方の2人だけですか?

最近、ほかに2人入ってもらって。1人はシステム部に入って、もう1人は、僕がやっている仕事を渡して、カスタマーサポートとかサイト運用周りをやってもらってます。時間ができたんで、自分はできるだけ実業務のほうからは離れて、外部的な提携とか、PRとかをやっていこうと思っています。今までは全く外に出ずに、ほんとにずっと家でやってるような世界だったんで、外部に露出していこうというのもあって。

——メンバーはどのように集めていったのでしょうか?

知り合いとかですね。今の子は全員知り合いです。でも、インターンの子とかもいるんですよ。

みんな別々の場所にいて、近くにはいないので、完全にサテライト。昨日と一昨日も東京でインターンの子に会ったりして来ました。それぞれみんなバラバラの場所で自由に時間を使ってやってもらっています。

——メンバーはバラバラのところにいるということでしたが、連携はどのようにしているのでしょうか?

Webサービスなので、Webとかネットを利用して連携しています。slackとか。前の仕事は日本と海外との間でやっていて、海外の人とのやりとりが多かったので、僕自身はサテライトに抵抗はないですね。スカイプとかでのミーティングは全然慣れているので、そこはもう全く違和感なくはやってます。

——たまに実際に顔を合わせてのミーティングとかは?

一応、この間初めて全員が集合した、というのはありました。東京で忘年会をやって、そこにみんな集まってもらって、それが唯一やったやつですかね。一緒にやってる共同創業者の人もベトナムの方にいるので、1年に1、2回くらいしか会わないんですよ。今までにあった回数は両手で数えられる程度。でも、毎日ミーティングはしているのでそこは問題ないですね。

<つづきます>

前へ次へ