第4回:質問する人が恐縮するQ&Aサービス—海外在住の日本人に活躍の場を—トラベロコ代表・椎谷ゆたかさんにインタビュー

投稿者: | 2017-01-01
Pocket

——初めての海外は不安。できるだけたくさん現地の情報を知りたい。もし可能なら、現地の日本人の方にガイドをお願いしたい。——そんな「したい」が叶う!をコンセプトに、海外に行く日本人と、旅のお手伝いをしてくれる海外在住日本人をマッチングするサイトがあることをご存知でしょうか。

その名も「Traveloco(トラベロコ)」。2017年1月に海外在住の日本人登録者数10,000人を達成した、日本最大級の海外プラットホームです。

今回、わたくしNagoyaStartupNews編集長の栗栖(クルス)が、トラベロコ代表取締役の椎谷ゆたかさんにトラベロコの知られざる裏側から今後の展望まで、お話を伺ってきました。

椎谷ゆたか

埼玉県さいたま市出身。名古屋市在住。海外旅行情報サイトを運営している株式会社ナビドットコムを経て、2014年1月、海外在住日本人と海外に行く日本人をマッチングするサイト「トラベロコ」を立ち上げる。2015年12月に法人化し、2017年1月には海外在住の日本人登録者数10,000人を達成。同サービスを対応エリア140ヵ国1350都市の日本最大級の海外プラットホームに成長させる。

目次

 

第4回:質問する人が恐縮するQ&Aサービス

クルス:(取材に同行している)若目田はトラベロコを一度使ったことあるという話でしたが?

ワカメダ:いろんな掲示板のサービスを使えないかなあと思って調べていて、その時に検索でたまたまひっかかったのがトラベロコさん。それとは別に、前職で、海外の掲示板サービスを運営していて、”国名+掲示板”ていう名前で運営しているところなんですけど、そこでも、トラベロコさんの名前が出ていました。

椎谷:海外何とか掲示板?えっと、留学系のサービスをやっている?

ワカメダ:そうですそうです(笑) アブログていう会社で、そこでも名前上がったりしてて。

椎谷:どういう依頼をしたんですか?

ワカメダ:そのとき依頼したのが、お勧めの旅行スポットを教えてください、みたいなことを。全部の掲示板で応募したんですよ。その中でも、すごい反応が良かったのがトラベロコさん。

椎谷:質問Q&A使ったんですね。はいはいはい。トラベロコのQ&Aはすごいんすよね。

ワカメダ:結構動いてますよね。

椎谷:自分でいうのもあれですけど、海外に在住している人のパワーというか、ほんとすごい濃い情報が入ってくるんで。

ワカメダ:ディープなね。

椎谷:ほんとやばいくらい。

ワカメダ:ぼくがやってたときは、ほんとにワンスローで収まらないくらいの情報量で。

椎谷:しかも、内容が濃いじゃないですか?

ワカメダ:そうなんすよ、すごいんすよね。

椎谷:逆に質問した人が恐縮しちゃって、次に質問する人がちょっと躊躇するくらいの感じになっちゃって(笑)

ワカメダ:そうそうそう。

椎谷:すごい量来るんすよ。普通のQ&Aサイトはそんなに来ないんですけど、しかも情報もそこまでレベル高くないんですけど、トラベロコのQ&Aサイトってすごいんですよ。そこは結構おもしろいて個人的には思うんですよね。

クルス:Q&Aまでは無料サービスですよね?

椎谷:そうなんです、Q&Aまでは無料です。Q&Aに回答することで、それがサイト内での実績になり、サービスの受注につながるようになってます。現地の人って、現地にいると現地のことを教えたいんですよ。聞きたいという人がいるとその人に応えたい、そういう海外在住者ならではの感覚があるみたいです。

今までだと、友達とか、知り合いとかに聞かれたときに答える程度だったんですよ。だから、言う場所がなかったんですね。トラベロコを使えば、全然関係ない人ですけど、助けを求めている人に対して、ちょっと自分の知識を活かせるかなみたいな、そういうことなのかなという風に思うんです。まあ、それにしても親身に返してくれるんですよ。

クルス:使ってみます(笑)

<つづきます>

前へ次へ