ワンダープラネット、シンガポール子会社WPBCがGame Changer (SGP) Pte. Ltd.とグローバルエリアにおけるブロックチェーンゲームの共同事業に関する基本合意書を締結

投稿者: | 2022-07-18
Pocket

プレスリリースより引用


エンターテインメントサービス事業を行うワンダープラネット株式会社(本社:愛知県名古屋市)が、シンガポール子会社WPBC Pte. Ltd.がGame Changer (SGP) Pte. Ltd.と、グローバルエリアにおけるブロックチェーンゲームの共同事業に関する基本合意書を締結したことを発表しました。

ワンダープラネット株式会社

公式HPより引用


ワンダープラネット株式会社は2012年9月に設立された、スマートフォン向けゲームアプリの企画・開発・運用を主体としたエンターテインメントサービス事業を展開するスタートアップ企業。「ジャンプチ」や、「クラッシュフィーバー」、「為美好的世界獻上祝福!Fantastic Days」を提供。同社は2021年5月7日に東京証券取引所マザーズへの新規上場承認を発表。同年6月10日に上場を果たしています。

共同事業の概要

Game Changer社が今後サービス開始を予定しているWeb3ゲームプラットフォームは、Game Changer Token($GC)をユーティリティトークンとしており、ユーザーはGCトークンを使用することで、提携するブロックチェーンゲーム内のNFTの入手等を行うことが可能です。また、ゲームプレイを通じてユーザーはGCトークンを獲得することができ、これにより「Play-and-Earn」のゲーム体験を実現いたします。なお、GCトークンは、今後、海外においてIEO(取引所を介した上場)を予定しています。

WPBCは、Game Changer社よりGCトークンのアロケーション(割当)を受け、Game Changerとパートナーシップを締結する初期タイトルとして、グローバルエリアにおけるブロックチェーンゲームの提供を予定しております。また、協業パートナーとして、GCトークンのトークンエコノミー拡大にも貢献していきます。今回の基本合意書締結を機に、今後のブロックチェーンゲームの開発、サービスの開始に向け、両社において具体的な検討や開発を進めていくとのことです。

併せて読みたい

Nagoya Startup Newsでは、名古屋を中心に東海圏におけるベンチャー企業や新技術に関連する最新情報、業務提携に関するニュースを配信しています。東海圏のベンチャー企業や新規事業、オープンイノベーション分野に興味のある方は、以下の関連記事も併せてご覧下さい。

ワンダープラネットが海外子会社設立を決定 ブロックチェーンゲーム関連事業を展開

ワンダープラネット株式会社が東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場

ワンダープラネットが減資を発表|スタートアップにおける減資のメリットとは?