フィットネス施設向けDXに取り組むAIスタートアップOpt Fitが創業から約2億円の資金調達。本日から「SPORTEC2022」に出展。

投稿者: | 2022-08-22
Pocket

プレスリリースより引用

株式会社Opt Fit(本社:愛知県名古屋市中区)は、AI特化型ベンチャーキャピタルである株式会社ディープコアDEEPCORE(本社:東京都文京区)、ソフトバンク株式会社の子会社で、愛知県スタートアップ支援拠点「STATION Ai」の運営事業を担うSTATION Ai株式会社(本社:愛知県名古屋市西区)と株式会社ディープコアが共同で運営する「STATION Ai Central Japan 1号ファンド」および、ゼロイチキャピタルの計3者を引受先とする資金調達を実施しました。

また、今回の調達に合わせて日本政策金融公庫及びりそな銀行と融資契約を締結しました。これらにより、創業から累計1億9500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

株式会社Opt Fit

プレスリリースより引用


株式会社Opt Fitは2020年3月に創業以来、健康寿命100年時代のエコシステムを構築することをミッションとして掲げ、ジム内に専用カメラを設置し、ジム運営をAI化することで運営コストを削減しつつ会員満足度を向上できるサービスである「GYMDX」など人の運動習慣の起点となるフィットネス施設の革新に取り組むプロダクトの開発を進めるスタートアップ企業。また同社は、 愛知県が2020年1月16日に開設し、STATION Ai株式会社が2022年4月から運営を担う「PRE-STATION Ai」 のメンバーであり、「STATION Ai Central Japan 1号ファンド」の第1号の投資案件となります。

資金調達の背景

今回調達した資金は、チームの増強、強固な監視業務支援体制の構築、フィットネス体験の向上に資する新たな機能の開発に投資する予定とのこと。これにより安全性・価格競争力・拡張性をもつフィットネス施設運営のデジタルトランスフォーメーションに資するOSの開発及び提供を加速させ、フィットネス施設における次世代インフラを構築することで、安全・安心・快適なフィットネス施設体験を実現し、運動習慣をより身近にすることに挑戦します。

関係者コメント

DEEPCORE TOKYO 2号投資事業有限責任組合 (運営会社: 株式会社ディープコア)
Senior Investment Director 左 英樹 氏

国内におけるフィットネスジム利用人口は、欧米に比べてもまだまだ割合が小さく、今後も拡大の余地が大きいと感じています。一方、24時間365日稼働型のフィットネスジムを含むジム運営者側の課題として、ジム内スタッフの無人化・省人化を実現しながら、利用者のフィットネス中の安全をいかに担保するのかが課題となっていました。Opt Fitが提供する、ジムに特化したAI危険行動検知等のソリューションを通じて、ジム利用者が安全にエクササイズできる環境が世の中に広がっていくことを期待しています。今後も同社の成長を支援していきます。

STATION Ai株式会社
代表取締役社長 兼 CEO 佐橋 宏隆氏

この度、第1号案件としてOpt Fitに出資させていただいたことを大変嬉しく思います。フィットネスジム市場は、コロナ下においても小規模型のセルフトレーニングジムを中心に成長していますが、さらなる市場成長に向けて、ジム運営事業者が多店舗展開を進める上では、コストを抑えつつ24時間営業・スタッフ無人営業を実現する仕組みが不可欠となっています。同社代表取締役の渡邉さんは、フィットネスジム市場を高いレベルで理解されており、今後も強い推進力でジム運営事業者の課題を解決し、市場全体の成長を牽引する存在になると信じております。今後も目覚ましく進化していくOpt Fitを楽しみに支援させていただきます。

ゼロイチキャピタル
代表パートナー 種市 亮

渡邉さんと最初にお会いしたのは前職のインキュベイトファンド時代、2018年11月に彼が1社目の起業をする直前でした。当時の渡邉さんが取り組んでいた事業に関しては投資検討に至りませんでしたが、渡邉さん個人に対しては粘り強く、やる気に満ち溢れた強烈な印象があり、彼はその後どうなっただろうと思い出すことがありました。そのような中で昨年私も独立しVCを立ち上げたのですが、リリースを出した後一番最初に連絡をくださったのが渡邉さんでした。1社目を自力で成長させ、今度はより大きく魅力的なテーマに対してトヨタ出身のエンジニアと共にチームを創り上げてもう一度私の前に現れた彼に、即断で投資意思決定をしました。以来起業家としてもスタートアップとしても爆速で成長を続けており、その軌跡を最前線で応援することができて本当に感謝しています。

併せて読みたい

Nagoya Startup Newsでは、名古屋を中心に東海圏におけるベンチャー企業や新技術に関連する最新情報、業務提携に関するニュースを配信しています。東海圏のベンチャー企業や新規事業、オープンイノベーション分野に興味のある方は、以下の関連記事も併せてご覧下さい。

名古屋近辺のAI(人工知能)ベンチャー11社

「人工知能はビジネスをどう変えるか」~人の幸せのためのテクノロジーに向けて〜中部圏イノベーション促進プログラム株式会社日立製作所フェロー矢野 和男氏登壇レポート

AI型教材「Qubena」が愛知県春日井市で正式採用 市内の全小中学校54校へ導入 約25,000人が利用