【12月12日締切】岡崎市で「Urban Innovation OKAZAKI」に取り組むスタートアップ企業を募集開始

投稿者: | 2021-11-19
Pocket

プレスリリースより引用

アーバン・イノベーション・ジャパン(本社:兵庫県神戸市、以下UIJ)は、愛知県岡崎市の取り組み「Urban Innovation OKAZAKI」に参加するスタートアップ企業の募集を2021年11月12日(金)から開始したと発表しました。2021年11月25日(木)には、同プロジェクトについてのオンライン説明会、2021年12月3日(金)には現地開催による交流会がそれぞれ予定されています。

UIJは兵庫県神戸市発のオープンイノベーション・プラットフォームであり、全国の自治体における課題と、スタートアップや民間企業をマッチングしています。DXに取り組む自治体のニーズを本当に課題を解決できる人に届ける「適材適所で課題を解決できる民間事業者との出会いを加速させる姿勢」が評価されています。

「Urban Innovation OKAZAKI」とは

Urban Innovation OKAZAKI公式HPのスクリーンショットより引用

UIJが進めている、スタートアップ企業と行政職員が協働実験を通じて自治体の社会問題を解決していく「新たな地域課題解決プロジェクト」の岡崎市版です。これまでUIJは全国の自治体とプロジェクトに取り組んできた実績があり、今回が15例目となります。

愛知県岡崎市は「SDGs未来都市」や「新しいまちづくりのモデル都市」、「スマートシティ先行モデルプロジェクト」など国の認定を受けながら、「都市のコンパクト化」と「地域の稼ぐ力の向上」を推進してきました。まさに転換期を迎えている同市は、新たなビジネスを始めるのに適した環境が整っており、社会課題に潜在するビジネスチャンスに富んでいます。

今回参加企業の募集が開始されると共に、採択企業が岡崎市の行政職員と取り組む4つの課題も発表されました。

  1. 人も社会も環境もウェルビーイングなQURUWA地区の「豊かな暮らし」の実証実験
  2. 「どうする家康」に便乗!宿泊につながる体験型コンテンツの開発・実証
  3. 最先端技術を用いて河川管理を効率化し、地域の防災力を高めたい!
  4. 育児における不安や孤独感を解消したい!新たな子育て情報発信ツールの実証開発

詳細

募集期間:2021年11月12日(金)〜2021年12月12日(日)
オンライン説明会:2021年11月25日(木)16:00 〜 17:30 (こちらから申込可能)
交流会:2021年12月3日(金)13:00 〜 18:00ごろ(こちらから申込可能)
募集要項:公式HPをご参照ください。
選考プロセス:一次(書類審査)、二次、最終(共にオンライン面談)の三段階審査
今後の流れ:二月上旬に採択企業決定、2022年2〜8月を協働期間

併せて読みたい

Nagoya Startup Newsでは、東海圏におけるベンチャー企業や新技術に関連するニュースを配信しています。今回紹介した岡崎市の取り組みのように、東海圏では自治体がスタートアップと協業しながら地域課題に取り組む動きがあります。興味のある方は、以下の関連記事も併せてご覧下さい。

名古屋市の先進技術社会実証支援事業「Hatch Technology NAGOYA」課題提示型社会実証支援報告レポート|アノルド・メドリッジ・Singular Perturbations等が参加


愛知県が2022年度「あいち中小企業応援ファンド助成事業」の申請企業を募集開始

8月30日締切|地域の未来を拓く共同生活プログラム「はじまりapartment」が入居者募集

運営会社からのPR